このたびの被災に遭われた方におかれましてはお見舞い申し上げます。

ボランティアとは、「自発的に他人・社会に奉仕する人または活動」。他人に奉仕を求めるものではありません。
とある団体が、災害が発生したのでフェリー会社に割引を要望したのだとか…ボランティアの意味が理解されていないようです。
法制度の整備を求めるなら要望する先が違います。

以下は、北海道胆振東部地震の被災地への支援活動として、北海道航路の各フェリー会社が取り組んでいるのボランティア活動のお知らせです。

○商船三井フェリー(対象航路:大洗~苫小牧)
 ・期間:9月11日~9月30日出港便まで
 ・夕方便のツーリストまたはコンフォート、深夜便のカジュアルの運賃が50%割引
 ・乗用車、小型トラック(車長6m未満)の運賃が10%割引

割引の適用を受けるためには、「ボランティア活動保険加入カード」またはボランティア先の各社会福祉協議会等が発行する「ボランティア活動参加証明書」を所持している必要があります。

 https://www.sunflower.co.jp/information/pdf/165055c8ba3b6096eb5f101e012de3ef180ce72d.pdf

 https://www.sunflower.co.jp/index.html
 

○新日本海フェリー(舞鶴・敦賀~小樽・苫小牧、新潟~小樽等の全航路)
 ・期間:9月14日~10月31日
 ・旅客、乗用車、貨物自動車(6m未満)、特殊手荷物(バイク、自転車含む)の運賃が20%割引

同社フェリーを利用し、被災地でボランティア活動及び支援活動する方が対象で、乗船当日に乗船券購入の際に「平成30年北海道胆振東部地震ボランティア計画書」の提出が必要です。インターネット、旅行会社からの予約は不可で、予約センター、港店での電話予約のみの受付となっています。

 http://www.snf.jp/news/detail/2744(※公開終了)
 

○太平洋フェリー(苫小牧→仙台・名古屋)
 ・期間:2018年9月13日~10月31日
 ・2等、B寝台、A寝台、S寝台利用の旅客運賃を50%割引
 ・7m未満までの乗用車の運賃を50%割引(バイク・自転車は対象外)

被災地のボランティアセンター等が発行する「ボランティア活動証明書」を窓口で提示することが必要です。

 http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/news/20180912_2.html
 

○シルバーフェリー(苫小牧→八戸、室蘭→宮古)

 ・期間:2018年9月18日~10月31日(往路乗船日)
 ・八戸~苫小牧航路の乗用車、旅客の復路運賃を20%割引
 ・宮古~室蘭航路の乗用車、旅客の復路運賃を30%割引

同社フェリーを往復利用する方が対象で、復路利用日は往路乗船日を含めた14日以内。復路ご利用の際、窓口で往路乗船券の提示が必要です。

 https://www.silverferry.jp/whatsnew/#5b9790eb-ffa8-4724-a33d-41780a013c82