今回はコンフォートの紹介。

かつての相部屋2段ベッドの「2等寝台」の現代版になります。
コンフォートの区画。両側に2段ベッドが並びます。

01

階段の両脇に上下2段のベッド。

他社フェリーだと、上段ベッドと下段ベッドとは別の通路から入るようになっていますが、この船では同じ入口。
別になっているほうが、他の客と顔を合わせる機会が少なくて良いのですが…。

上段ベッドは手前に頭がくるように寝て、下段ベッドは奥に頭がくるように寝る造りになっています。
上段ベッドへはハシゴで上がるのではなく、今風の階段式。

最上段の下にある穴は脱いだ靴を収納しておくスペースです。

02

下段ベッドの靴はベッド下に収納するようになっています。

03

ベッドスペース内の様子。

ハンガーが2個付いています。
このタイプのベッドは、上から下へ引き下ろすロールカーテンとなっている場合がほとんどですが、この船では昔ながらの横引の布カーテンが使われています。

04

枕元の壁に室内照明。
照明の下部にはスマホ等の充電ができる電源コンセントが付いています。

その下にはテレビのリモコンが置かれ、壁にはスピーカーが埋め込まれています。
イヤフォン端子もあるので、イヤフォンを持参すれば周囲を気にすることなく、夜もテレビが楽しめます。

隣に小さな鏡と小物が置ける棚、さらに奥には空調ダクトが付いています。

07

足元側の壁には液晶テレビがあり、横になったり、枕元の壁にもたれて視聴できます。

05

ベッドスペースは、マットよりも少し長く、足元に荷物が置けるスペースがあります。
枕、キルケットに加え、使い捨てスリッパが備えられています。

06

他社フェリーのツーリストS(A寝台)とツーリストA(B寝台)との中間グレード的な部屋になっています。
それでいて、利用料金はツーリストSやA寝台と変わらないので割高に感じます。