商船三井フェリー株式会社の新造船「さんふらわあふらの」の紹介、まずは客室から。

客室は、スイート、プレミアム、スーペリア、コンフォート、ツーリストの5種類があり、運賃はスイートが最も高く、ツーリストが安くなります。
ツーリストは、旧2等和室にあたる部屋(雑魚寝部屋)です。

同じ北海道航路の新日本海フェリーではこのクラスの部屋は廃止されていますが、こちらは新造船でも3部屋設けられています。繁忙期に多くの人を乗せてしっかり商売しなくちゃ、という感じでしょうか。
以下の画像は、バリアフリータイプのツーリストになります。

ドアが自動ドアとなっていて、ドア横の壁のスイッチを押すと扉が奥に開くようになっています。

01

部屋の中から出入口を見ると、船内放送のボリュームコントローラが付いていました。
個室では常設されている設備ですが、相部屋にあるのは初めて見ます。

02

室内の様子。
昔の雑魚寝部屋といえば、席は決まっていなくて、乗船が早い者が場所取りをして、後から乗船すると十分なスペースがとれないこともありましたが、今は、各自区画が割り当てられるようになっています。

マットレスとキルケット、枕が備え付けられ、壁にハンガー、天井近くに荷物を収納できる棚があります。

03

区画が割り当てられていても、隣の人との間隔はそれほどないため、就寝時、目が覚めたら隣の人の顔が目の前にあってびっくり!なんてことが以前はありましたが、最近の船では頭部分に少し壁があって、そのような心配がないような造りになっています。
この船ではさらに一歩進み、上半身が目一杯隠れるカーテンが付いています。

下の画像がカーテンを目一杯引いた状態。

04

枕元の壁には小さなテーブルと立ち上がりの負担を補助する取っ手が付いています。
取っ手は入浴で濡れたタオルを干すのにも使えそうです。

ツーリスト部屋の外の廊下にタオルを干す困った人が意外といて、歩行に手すりが必要な人の迷惑になっている光景をみることがよくありますが、これによって減るといいですね。
取っ手とテーブルの間には、電源コンセントも付いていました。

相部屋であっても、スマホ等の電源確保に困ることはありません。

05

*8月に就航する「さんふらわあさっぽろ」は、この船の姉妹船なので、ここで紹介している内容と変わりません。