続いて6デッキ(客室層の2階)。

ラウンジ「サザンクロス」。
毎晩、開催される無料のラウンジショーは太平洋フェリーの特徴の一つです。

このときの出演者は、水谷直美さんとザ・サウンドスピリッツ。

かつては多くのフェリーにあったラウンジも、廃止されたり、規模が縮小されたミニステージに代わり、ここ太平洋フェリーくらいになってしまいました。

 

午前、午後の2回、カフェ「マーメイドクラブ」前でもピアノショーが毎日開催されています。

2等和室を基本割り当ての団体ツアー客のくつろぎスペースとして考えてのことか、椅子やテーブルがたくさん置かれ、間隔も広くなく、先代「いしかり」に比べて窮屈に感じます。

 

マーメイドクラブと反対の右舷側のくつろぎスペース。

中央にあるブース「ドリンクハット ボラボラ」は、当初はビール、ウイスキー等が提供されるオープンバーとして設けられたものでしたが、一度も営業している姿を見ることはなく、現在は給湯室となっています。

 

マーメイドクラブ奥にあるプロムナード(展望通路)。

 

ボラボラのある右舷側奥にある、開かずの間「ローズルーム」。

中はこんな感じで、奥の扉を隔ててレストランと繋がっています。
会食や会議を用途として造られたのだと思われます。

 

見ることがまずない場所として、もう一つトラックドライバー専用区画があります。
こちらは寝台室。一般客のS寝台と同じ造りをしています。

くつろぎスペース「ドライバーズサロン」。

座敷もあります。

トラックドライバー様価格の専用自販機や製氷機も備え付けられています。

 

外部甲板は、先代いしかりのような最上階屋上のトップデッキには上がれなくなってしまいましたが、高速フェリーではないため、歩き回れる範囲は広いです。

就航時にはレストランの外に置かれていた椅子やテーブルも現在はなくなっています。

以上、10回に分けて紹介してきました、太平洋フェリー「きそ」でした。