1等室以上は個室で、出入口のドアの鍵にはカードキーが使われています。

01

ビジネスホテルのように、カードキーを指すと室内の照明が利用できるようになるタイプ。

02

室温調整や船内放送の音量調整もできます。

03

部屋は、洋室、バリアフリー対応洋室、和室、和洋室の4種類あり、共通して、テレビ、トイレ、シャワー等の設備とパジャマ、タオル、スリッパ、ドライヤー、歯ブラシセット等の備品が備え付けられています。
シャワーブース付きの洗面所兼トイレは、バリアフリー対応洋室を除き、同じ造りをしています。

05

奥のシャワーブース。

06

まずは、1等洋室から。
部屋の奥にベッドが並んでいて定員は2名。
手前にテーブルと椅子が一脚あり、手前左側に上で紹介した洗面所兼トイレがあります。

04

洋室のみインサイドルームで、採光用の窓は付いているものの、磨りガラスのため外は見えません。
吹き抜け構造にするのなら、もう少し頑張って新日本海フェリーの「らいらっく」「ゆうかり」や「あかしあ」「はまなす」や「すずらん」「すいせん」のように向かいの部屋と視線が合わないような造りにしたほうが良かったのでは。

同じ太平洋フェリーの「いしかり」になると、1等洋室は窓も付いていないので、それに比べるとこちらのほうがまだ良いともいえます。
こちらは1等和室。

07

和風の内容で、畳敷きのため、靴を脱いで過ごせるのが利点です。

08

定員3~4名となっていますが、部屋は広くなく、3名だと窮屈に感じるくらい。
そしてこちらが1等和洋室。
ベッドの奥に小上がりがあり、そこでは靴を脱いで過ごせます。

09

上の写真は就航当初のもので、先日久しぶりに乗船したら、ベッドと小上がりの間のカーテンや窓のロール式がなくなっていました。
小上がりには折りたたみ式のマットレスが置かれ、定員も2名から3名に増員されていました。

12

端にある冷蔵庫内蔵のテーブルには、湯沸かし用の電熱器がビルトインされています。
東横インで使われているのと同じタイプ。

10

就航当時は、機能的に感じましたが、今は短時間で沸かせる電気ケトルが主流になっていて、見劣りしてしまいます。

11

出入口側の様子。
左側の鏡の奥はクローゼットになっています。
右側は洗面所兼トイレ。

1等室の中では最も広く、小上がりもあるので、1等室の中ではこの和洋室がおすすめです。
こちらはバリアフリータイプの1等洋室。
ベッド間がかなり広くとられています。

13

テーブルと一体化した洗面設備が。

14

客室ドアは間口が広く、引き戸仕様になっています。
また、トイレも引き戸仕様で、身体障害者用シャワートイレが設けられています。

15