太平洋フェリー株式会社が、「きたかみ」代替船の導入を発表しました。
2019年1月25日から仙台―苫小牧間に就航するとのこと。

主な特徴としては、
・宇宙船で旅をしているかのような、冒険心をくすぐる世界観を船全体で演出
・客室層が現行の3層から2層へ
・スイートルームはなく、特等が最上級客室
・大部屋を廃止し、個室を大幅増加(58→189)。個室以外はすべてカプセルタイ プ寝台へ
・ペットと一緒に利用できるウィズペットルームの新設  等々

同社ホームページに公開されている、ニュースリリースから新造船に関する詳細な情報が確認できます。

7月3日(火)には三菱重工業下関造船所にて行われる命名・進水式の見学会も予定されており、三菱重工株式会社のホームページに案内が掲載されています。

 
〔追記〕
7月3日に進水式が行われ、新造船の船名が「きたかみ」であることが発表されました。
太平洋フェリーWebサイトに新たに新造船「きたかみ」の就航カウントダウンサイトが開設。
パブリックスペースや客室のイメージ、デッキプラン等の情報が紹介されています。

 http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/kitakami_new/index.html

同社こだわりのラウンジが廃止されています…。