「きたかみ」は、先代「きたかみ」の代替として、2019年1月25日に苫小牧~仙台航路に就航した新造船です。
太平洋フェリーの新造船は現行の「いしかり」以来、8年ぶりで、雑魚寝タイプの大部屋が廃止され、全室個室化され、バリアフリー化されてるのが大きな特徴です。

下の画像は先代の「きたかみ」。
旧きたかみと見比べると、船首ランプウェイがなくなっていること、客室のある階層の前後長が短くなっていることがわかります。

要目で見ると、旅客定員の大幅減以外はほぼ同じ。

  新きたかみ 旧きたかみ
全長 192.5m 192.5m
全幅 27.0m 27.0m
総トン数 13,694t 13,937t
旅客定員 535人 842人
トラック 166台 165台
乗用車 146台 147台

しかし、客室の設備は、
 ・スイートルーム廃止
 ・ラウンジ廃止
 ・フォワードサロン廃止
 ・喫茶・軽食コーナー廃止
 ・シアタールーム廃止
 ・ゲームコーナー廃止   等々
と、バブル時代に造られた豪華フェリーだった先代からするとかなり簡素化されており、クルーズフェリーを謳ってきた、これまでの太平洋フェリーの船とはすっかり別物になっています。

苫小牧~仙台間を夜出港、翌朝目的地に着く「寝ながら移動するためだけのフェリー」とするのだと、このような割り切りも有りだとは思いますが、これまでフェリー会社が売り込んできた「太平洋フェリー」のイメージは変わりそうです。

次回以降、船内の様子を詳細に紹介していきます。

(次回へ続く)