パブリックスペース編の続きです。

こちらは案内所。

01_2

案内所の側にある暗証番号設定式の貴重品ロッカー。
相部屋利用や風呂に入るとき等に利用します。

02

こちらは手荷物が入るサイズのコインロッカー。
100円硬貨利用の返却式です。

03

船舶電話。

海上では携帯電話が繋がらない区間多く、確実に通話したい場合はこちらを利用することになります。
通話料金はかなり高く、100円硬貨を投入して利用します。

電子マネー(Edy)では支払えないようです。

04

アミューズメントボックス。
カラオケボックスみたいなもので、2部屋あり、DVD鑑賞にも利用できます。

05

小さなフェリーを除き、必ずといってもいいほどあるゲームルーム。
そして利用されていない設備でもあります。

UFOキャッチャーやスロットが置かれていました。

06_2

キッズルーム。
子供を遊ばせておける部屋で、壁にはぶつかっても怪我をしないよう緩衝材が張られています。

07

最上階にあるスポーツルーム。
コードレスバイク3台、ランニングマシーンが2台設置されていて、船尾方向の壁が一面ガラス張りとなっていて、外の景色を眺めながら運動できます。

08

新日本海フェリーのスポーツルームといえば、必ずあった卓球台がとうとうなくなってしましました。
リーズナブルに最も運動できる設備だったのに…残念。