最後はパブリックスペース等の紹介です。

右舷の乗船口から入ってすぐのところに手荷物庫があります。
乗船下船時に荷物の受け取りがスムーズにできそうです。

382262401

そこを過ぎると案内所。
これまでの船では船の中央にあった案内所が、この船では右舷側の端に配置されています。
382262402

案内所の隣にはショップ。
横長で間口が広い、敦賀~新潟~秋田~苫小牧航路のあざれあ、しらかばと同じような造り。
奥行きが長いタイプよりも店が広く感じます。
品揃えは少なくなっているような気が。
382262403

営業時間をみると「乗船日は消灯まで、翌日は9時半から18時まで」との記載。
航海中、常時営業しておらず、開いたり閉まったりの営業形態が改善された!?
と思ったら、下に商品整理のため一時閉店の記載…..表記は変わりましたが、以前と変わらないようです。
382262404

ショップの奥に100円返却式のコインロッカー。
382262405

左舷側には、ちびっ子を遊ばせるキッズルーム。
壁や床には緩衝材が使用されています。
382262406

その隣には自販機コーナー。
ソフトドリンク、アルコール飲料、アイスクリームの自販機が並びます。
価格は陸上と同じ。
従来船にあった、ニチレイの冷凍食品の自販機がなくなっています。
382262407

自販機コーナーの隣にスモーキングルーム(喫煙室)。
船内に何箇所かある喫煙室を除いて船内は全館禁煙です。
382262408

中央のエレベータの隣にあるのがカップ麺コーナー。
382262409

カップ麺の自動販売機とテーブル2つに残ったスープが捨てられる流しがあります。
冷凍食品の自販機がなくなったのはこれができたからでしょうか。

382262410

382262411

インスタントラーメンは臭いが強く、パブリックスペースで食べると周囲を不快感を与えてしまいます。
個室利用ならともかく、相部屋利用だと部屋で食べるわけにもいかず、そこで考え出されたのがこのスペース!?といったところでしょうか。
フェリー会社のほうとしても、インスタントラーメンを食べるスペースを設置していれば、他の場所で食べないように求めることもできるのでいい試みだと思います。

エントランスは3階まで吹き抜けの構造となっています。
382262412

階段を上ると中央にアミューズボックスなる設備が。
小2部屋、大1部屋の3室あり、カラオケルーム兼DVD鑑賞個室になっています。
382262413

そして、マッサージ機が置かれたマッサージコーナーとOAコーナー。
壁に電源コンセントとLANコネクタがありますが、インターネットの利用はできません。
382262414

382262415

グリルは、新潟~小樽航路のらいらっく、ゆうかりと同じように窓際に配置されています。
レストランと比べると席と席の間隔にかなり余裕があるのがわかります。
382262416

382262417

こちらはカフェで、旧すずらん、すいせんのフロント前にあったエントランスロビーと船尾にあったカフェをくっつけたようなスペースとなっています。
382262418

店舗では、レストランの営業時間外に軽食やスナック類が販売されるそうです。
382262419

カフェスペースの一角にはショーができそうな造りが。
他フェリーに習って何か催しがあるのでしょうか。
ビンゴ大会のみに使うのはもったいないですし。
382262420

レストランのほうは見学対象になっていませんでした。
旧すずらん、すいせんでは左右両側にあったプロムナードがレストランの右舷側のみとなっています。
カフェとの間に扉が設置されているのは、夜間は閉鎖されてしまったりするのでしょうか。
382262421

さらに階段を上った最上階の浴室の奥にはスポーツルームが配置されています。
コードレスバイク3台とランニングマシーン2台、隣の部屋に卓球台がある部屋。
コードレスバイクは、バブル船「フェリーらべんだあ」以来の登場。
航海中は運動量が少なくなるので活用したい設備です。
382262422

船首のフォワードサロンは旧すずらん、すいせんや同社他フェリーと比べるとかなり小さく、3分の2くらいに縮小されています。
操舵室見学の際に撮影したものの、順番待ちの人で溢れていて、モザイクだらけの画像になってしまうので省略します。

こちらは操舵室。20年近く前は上等級客室利用者は操舵室見学もあったそうですが、今はめったに見学することができません。
382262423

382262424

船尾の外部甲板も見学ができませんでした。
模型で見るとこのようになっています。
382262425

中層の奥のガラス張りのところがレストランで、その外が夏場はバーベキューなど楽しめるオープンデッキ。
下層中央の柵で囲まれたところはドッグラン用のスペースです。
その周辺は中層から階段を下りて立ち入りできそうですが、人間よりも犬のほうが優遇されているような気が…。

以上で紹介は終わりです。

今回、見学できなかったレストランやオープンデッキ、プロムナード、コンファレンスルーム等は、乗船時に確認して、ホームページ(http://homepage2.nifty.com/buratto/)のほうで紹介したいと思います。