今日は最上級の部屋、スイートルームの紹介です。
台風接近で見学会が途中で打ち切りになったため、このあたりは大慌ての撮影になってしまってます。

スイートルームとジュニアスイートルームの2種類の部屋があり、どちらも2名定員の洋室タイプとなっています。
広さは、ジュニアスイートはデラックスルームの1.5倍、スイートが2倍の広さ。

まずはジュニアスイートから。
80241301

浴室はデラックスルームと同じものとなっていますが、
80241302

デラックスルームはベッドの奥、テラス側のソファが2人掛けが1つだったのが、対面ソファが追加され、テーブルも大きなものに。

80241303

テレビのサイズも大きくなり、その下にはテレビを見る用の椅子とテーブルが配置されています。
80241304

鉄板のままの床が板張りにグレードアップ。
80241305

続いてスイートルーム。
ベッドカバー等がジュニアスイートからさらにグレードアップ。
80241306

椅子やらソファ、テーブルも増えてカウンターもあります。
奥に見えるテレビのほかに、左手ソファの向かいにもう一つテレビがあります。
80241307

何よりの特徴はこの展望風呂。
大浴場に行かなくても、海を見ながら湯に浸かれることができます。
80241308

トイレとはガラス壁で仕切られていて、広さを感じさせます。
上の画像はトイレからガラス越しに撮影したもの。

ということは展望トイレでもある!?

船の外から見た様子も。
右端の出っ張った部分がスイートルームの展望風呂になります。
80241309

模型で上から見るとこのような感じ。
左から3部屋がデラックスルーム和室、デラックス洋室2室、ジュニアスイート1室、スイートルーム1室、デラックス洋室5室となっています。
80241310

スイートルームには乗船中の朝昼晩の食事が運賃に含まれています。
ライバル!?の太平洋フェリーのスイートルームも食事が付いていますが、あちらはレストランのバイキングであるのに対し、こちらはレストランではなく、グリルでの食事。
並ばなくても席に座れて、静かに特別料理が味わえるが良いですね。