国道152号線を茅野市から伊那市に向けて車で走っていると、カーブ途中に怪しい物体を発見。


 
Uターンして戻ってみると、ツタンカーメンのような顔をしたスフィンクスがピラミッドを背負っている不思議な置物が。

どうしてこんなところにこんな置物が…ちょっと不気味な感じ。

帰宅してからネットで調べてみると…
この場所へのごみの不法投棄が止まないため、土地の所有者が観光道路としてきれいになることを願って設置したもので、この怪しい置物を設置してから不法投棄が一気に減ったのだとか。

海外の御神体は日本でも力を発揮するようです。