そろそろ昼になのでどこかで昼食を。
このあたりで知っている食堂といえばここくらい。

118152001
くりや食堂。

以前泊まったのはもう8年も前。(※写真が以前のもの)
日本一安い宿の宣伝文句はなくなっていますが未だ健在。
さらに宿泊施設が増築されていました。

今日の昼定食はマグロカツ。
118152002

カツがでかい!若い頃だったらガツガツと一気に食べてしまったかもしれませんが、今の私にはそこまでは無理。
なんとか完食。

ちなみに、こちらはマグロとハマチの漬け丼。

118152003

目当ての温泉が開くまでにはまだ時間があったので、近くの弥次ヶ湯へ。
かなり年期の入った建物ですが、きれいに管理されていて好印象。

118152004

男女とも浴室が2つあり、それぞれ源泉が異なります。
118152005

118152006

二階には休憩室もありました。

118152007
湯治宿として利用することもできるそうです。

そろそろ、目当ての温泉の営業がはじまる時間。
すぐ近くの今村温泉へ。

118152008

先ほどの弥次ヶ湯とはまた別の雰囲気。
入口には相当年月の経った新聞?雑誌?が山積みになってます。
中に入ると入湯客は誰もおらず、それどころか番台にも人がいません。
番台から2階に通じる階段、脱衣所のロッカーとも使い古したタオルや服のようなものがこれまた山積み。

118152009_2 
まさか常連さんが服を置いていっているなんてことはないでしょう。
しばらく待っても番台さんは現れないので湯に浸かって待つことに。

118152010_2
浴室に入ると、床がぬるぬるする…これは温泉成分によるものではなく掃除されてないからですよね~。
天井が一部壊れているのは気になりませんが、これはちょっと…。

118152011
この状況からすると、手入れがあまり、というかかなりされてないように思われます。
お湯はいいのにもったいない。

結局、建物を出るまで番台さんは現れず。
これぞ、まさにほうったらかし温泉!
でも、山梨のほったらかし温泉と違ってこちらはマニアにしかおすすめできません。