天気がいまいちでもそれが釧路だとよくあること、仕方ないとあきらめられるかとやってきたのは旧鶴居軌道跡。
北海道が開拓される時代に利用されていた殖民軌道跡です。

09221810

殖民軌道とは、鉄道駅から離れ、道路の敷設が困難な辺境の地から、そこまでの輸送やそこに住む人たちの移動手段として敷かれていた軌道のことで、この軌道の上を、農産物や生活物資、人を載せた台車を自ら用意した馬を動力として走らせていたものです。その後、道路の整備等に伴い殖民軌道は姿を消していきました。

鶴居村の温根内から釧路市の北斗まで続くこの鶴居軌道もその一つ。
現在は、簡易軌道を撤去され探勝歩道として整備されています。

車やバイクでは通行禁止、距離が片道7~8kmほどあるので歩いて往復するのもきつい、ということで自転車があるときにと行ってみました。

092218011

…がしかし、行ってみると凹凸がかなりあって小径車にはかなりつらい道。
一度走ればもう十分。(^_^;)

092218012

こちらは国道240号線、北斗展望台近くからの釧路湿原の風景。

092218013