今年も9月に北海道を旅してきました。
昨年の旅レポートが未だ完結しておらず、このペースだと2019年の旅レポートのアップが終わるのが2年近く先になりそうなので、トピック的に紹介します。

今年の十勝はNHKの朝ドラ「なつぞら」一色でした。
どこへ行っても、ドラマ主題歌であるスピッツの「優しいあの娘」が延々と流れ、壁にはなつぞらのポスターがどーんと貼られている状況。

ロケ地や撮影セットが、期間限定で公開されていたので立ち寄ってみました。

こちらは真鍋庭園にある山田天陽の家。
ロケ撮影が真鍋庭園の管理する畑で行われたことから、こちらへ移設・公開することとなったそうです。

真鍋庭園内に入るのは有料ですが、この家と馬小屋は外の無料スペースに展示されていました。

そして天陽のアトリエである山田家の馬小屋。
ドラマ中で亡くなった後、アトリエの前に献花台が置かれたそうです。

アトリエの中には、馬の絵が展示されています。

毎度車中泊で利用している「道の駅しかおい」の敷地内にある神田日勝記念美術館。
神田日勝氏は、山田天陽のモデルとなった画家で、館内には代表作「馬(絶筆・未完)」等の作品が展示されています。

新得町の北広牧場内で公開されていた柴田牧場家屋の玄関前と風呂場の撮影セット。

そして柴田牧場新牛舎。
昭和30年代の牧場のシーンに使われました。

営業開始に合わせていったのですが、見学して帰るときには駐車場は満車になり、空き待ちの車が止まっているという大盛況。

家屋のある北広牧場とは別の場所にある、しばた牧場への道。

同じ場所にある、なつが悩んだときに座る丸太椅子と木橋。

帯広駅のとかちプラザでは、なつぞら展が開催されていました。

もー満腹って感じです。