国道38号線に戻り、白糠町にある「道の駅しらぬか」恋問に立ち寄り。

01

摩周湖近くの旅人宿のオーナーさんからおすすめと聞いたのが、十数年前。
ようやく来ました。(笑)

名物の「この豚丼」。
阿寒ポークを使用した炭火焼きの柔らかい肉とボリュームあるのが特徴。

写真は4枚乗ったもので、100円増しで6枚(うち1枚はご飯の間に入る)になるので、そちらほうがおすすめなのですが、4枚のものを食べるので精一杯。

02

こちらはラード100%で揚げたというザンギ「こい唐(から)」。
個人的には…インパクトのない普通の唐揚げでした。

03

道道53号線を北上。
途中、鶴居村にある「湿原温泉 民宿つるい」に立ち寄り。

04

浴槽はすべてステンレス製のミルクタンクを加工したものが使われています。
モール泉で、大量の湯がもったいないくらい掛け流されています。

洗い場のカランやシャワーから出る湯も温泉という贅沢さ。湧出量は毎分330リットルだとか。

05

弟子屈町に入りました。
久しぶりに摩周湖へ。世界有数の透明度を誇る湖です。

駐車場代がもったいないので、無料かつ人の少ない第三展望台へ。
気温が30度を超えているのでだいぶ靄っていますが、それでも相変わらずのいい景色です。

奥にある山は摩周岳。
最近登ってないので、そろそろ登山したい病が。

06

川湯方面に降りてきました。

野村川湯YHの廃墟を潰してできた高級カフェ「アズール」は廃墟になっていました。
歴史あるYHの廃墟のままでよかったのに…。

07

川湯温泉街に来たらここに立ち寄らないわけにはいきません。
川湯温泉共同浴場。pH1台の強酸性の温泉です。

08

左側は源泉が掛け流されている浴槽で、右側は水風呂です。
よく「いい温泉だ~」と水風呂に浸かって言っている入浴客がいますが、右の浴槽は水風呂なのでお間違いのないように。

09

屈斜路湖畔沿いを走り砂湯を通過。
連休だとこんなにテント張る人がいるのですね、びっくり。

10

臨時駐車場もできていました。

11

かつて宿泊施設もあったイタリアンレストラン「鴟(ふくろう)のねじろ」は、その後、「ランチ・デリ Hale」としてランチ営業をしていましたが、2014年に閉館。空き家になっていました。

不動産業者のウェブサイトを見ると、4800万円で売りに出されていました。

12

コタンのいつもの温泉宿へ。

13