士幌町の国道274号線と241号線の分岐点近くで休憩。
北海道でコンビニといえばセイコーマート。

道内滞在中はコーヒーを飲むとき以外は、他のコンビニを利用することはありません。
店内の厨房で調理された弁当やおむすび、パン等を温かいまま販売するホットシェフは、他のコンビニから頭一つ出た存在です。

01

この店舗ではホットシェフに加え、イートインコーナーがありました。

02

道の駅ピア21しほろ。
今年4月に移転し、巨大化していました。

03

店内には、New士幌ポテトチップが。
地元の工場で生産されていたものが、埼玉にある工場での生産に変更となり、量は90gから80gに減り、価格は105円から128円に値上がり。さらに、お得な箱売りは、味のブレンド対応をしてくれなくなっていました。かなりの改悪ですね。

食べてみると…油が多く、味は濃くなり、そこらで売っているポテトチップと変わりありません。
素朴な原材料、素朴な味が魅力だったのに…士幌ポテトチップは終わりました。

士幌ポテトチップ好きだった方は、箱買いする前に、まず一袋買って味見してから判断することをおすすめします。

04

じんぎすかん北海道。
我が家いちおしのジンギスカンのお店です。

05

駐車場の柵にはジンギスカン鍋が装飾として吊されています。

06

円卓の中央にジンギスカン鍋が置かれています。
鍋には蓋がつきものですが、ジンギスカンには必要ないもの。

07

蓋の裏にメニューが記載されているのです。
平日ランチタイムだと、肉が4割引になるのは大きな魅力。

08

鍋の中央部に北海道。

09

たっぷりいただきました。

10

オベリベリ温泉水光園。
帯広の名の語源であるアイヌ語の「オペレペレケプ」(川尻がいくつも裂けているところ)がなまったものだそうです。

銭湯価格で入れるスーパー銭湯。湯はモール泉です。
地元の人で賑わっていました。

11

雨もすっかり上がり、幕別の花火大会は決行。

12

13

14

北海道は大都市以外は背の高い建物がなく、ひらけているため、会場近くに行かなくてもみることができます。
周辺の道路の路肩はこのように車から花火を見る人たちの車が連なります。
北海道の花火鑑賞スタイルのようです。

15