※9月に行った北海道旅レポートです。

船内では、ビンゴ大会以外のイベントも開催されています。
こちらはクイズラリー。

船内のあちこちに問題が掲示されていて、解答用紙に答えを書いて、応募締め切り時間までに案内所に設置の投票箱に入れます。

全問正解すると、抽選で賞品が当たるというもの。

賞品としてこれらから好きなもの1つがもらえます。
同行者が運良く当選しました!

ビンゴ大会から少し時間をあけて、エントランスのステージでミニコンサートが始まります。

生演奏等が多いのですが、今回はオペラ歌手のコンサート。
とても声量のある歌声が生で聞けてお得なショーでした。

船内を少し散策。
船内の様子は、昨年の新造船見学会の記事で詳細に紹介しているので省略します。

カフェの掲示板に、昨年乗船したときにはなかった、給湯室の設置場所の案内が掲示されていました。
これまでの新日本海フェリーでは船内に数カ所あったものが、外部甲板のバーベキューガーデン1カ所のみになってしまったので、わかりにくいのでしょうね。

船内では無料wifiが利用できます。
後付けのものではないので、船内のどこにいても利用することができて便利。

30分間×1日5回利用可能で、Googleやyahooのアカウントがあれば、登録手続きなしにすぐ利用することができます。

こちらは売店。
店舗面積はそれほど大きくはないのですが、店の外にも商品を並べているので品数は豊富です。

食料や飲料、土産物、アメニティ類を購入することができます。
一昔前は、船内のレストランの利用を促すかのうように、どのフェリーでも売られていなかったインスタント食品も、今では多々取り扱われるようになっています。

深川油脂のポテチを発見。
原材料がじゃがいもと植物油脂、食塩のみというシンプルで、我が家では注目のポテチ製造会社です。

中身はこんな感じ。
シンプルな味ですが、残念ながら同社が製造していた六花亭ポテチには及ぶものではありませんでした。

船尾の外部甲板へ。

左舷側のバーベキューガーデンと右舷側のオープンデッキに、昨年はなかったアクリルパネルの壁が設置されていました。
航行時の風対策でしょうか。

外側の柵との間に人が入れるスペースはありますので、柵越しに外の景色を見たり、撮影したりするには問題ありません。

秋の雲ですね~。
(雲)

翌朝早いため、早々に就寝。

今回利用したのは、シャワーブース、トイレ兼洗面所付きのステートルームA(和洋室)。
部屋が広く、小上がりがあって靴を脱いで過ごせるのでおすすめの部屋です。

早朝4時半に小樽着。
いよいよ北海道に上陸です。

(続く)