青春18きっぷ旅の予定が、日程の都合で新幹線で関西まで行くことに…。
関西と言えば、551蓬莱の豚まん(=肉まん)。
味、値段ともここの豚まんに敵うものはありません。
1
駅ホームのベンチって、線路側を向けて設置されているところがほとんどですが、
このように線路と垂直になっている駅をいくつか見かけました。
2
なんでも酔っ払った客が、椅子から立ち上がった際等にそのままホームへ転落する事故が増えているため、
それを防止するためにJR西日本ではこのような配置にしているのだそうです。
JRから地下鉄に乗り換え、南海電鉄難波駅へ。
特急列車「サザン」に乗車…が、車両に使われていたのは普通列車。
何か違和感がありますね。
3
終点の和歌山市駅から、別の列車に乗り換え。
線路がホームの途中で終端して、6番ホームの先が7番ホームになっていました。
4
一駅先の和歌山港駅に到着。
ホームの向こうに南海フェリーのフェリーターミナルが見えます。
5
ターミナルまでは屋根付き通路が続いているので、雨が降っても濡れずに行くことができます。
ここの会社には萌え系イメージキャラクターがいて、施設や船のあちこちに描かれていました。
6
萌えキャラは「阿波野まい」と「高野きらら」の2人いて、下の写真は「阿波野まい」。
和歌山生まれ、徳島育ちの高校2年生らしい…こういうの私の守備範囲外です(笑)
7
そこそこ揺れながら、2時間半ほどで徳島港に到着。
しかし、のんびりと船の写真撮っていたら、駅へ向かう路線バスが行ってしまった…。
いつもと違って徒歩旅ということをすっかり忘れていました。