旅仲間から届いた小包を開けてみると、中から出てきたのはこれ。
どうして豆腐??

見た目レアなものではなく、ごくふつうの豆腐…と思ってよーく見てみると、食べものではなくて、ホンモノそっくりの豆腐パッケージに入った文房具の糊つき付箋紙でした。

容器からパッケージ表面の記載まで、あまりにホンモノそっくりなのでびっくり。

こちらの「絹ごし」タイプは、表面がつるっとした紙質の付箋紙で、同じシリーズの「もめん」のほうは表面がざらっとしたものになっているそうです。
メーカーのサイトによると、「たまごとうふ」と「ごまとうふ」も以前はあったようですが、現在は生産終了となっています。

付箋紙として使われることが、この商品の本望だと思いますが、勿体なくて未だ開封できていません。