新橋方面に行くことになり、ついでに周辺の変わったモノ探し。

新橋駅近くにある静岡新聞と静岡放送、山梨日日新聞と山梨放送の東京支社が入居するビルで、有名建築家の丹下健三氏が設計、1967年に竣工した建物です。

茶色の円筒に箱型のフロアがしがみついているような不思議な形状をしています。
筒状の部分の中がどのようになっているのか気になりますね。

その近くにある中銀カプセルタワービル。
丹下健三氏の弟子、黒川紀章氏が設計、1972年に竣工した建物です。

2つの塔の3階から上の部分に140個のカプセルルームがくっついている構造。
各部屋は、幅2.5m、奥行4mの直方体の形状で、ユニットバスを除くと4.5畳の広さで、キッチンはなく、唯一の丸窓の開閉も不可という…ワンルームマンション的な位置づけでしょうか。

個々の部屋を交換することが可能な設計となっているものの、実際は一部のカプセルルームのみを交換することは不可能、または困難であることから、今まで一度も交換されたことはないそうです。