太平洋フェリー新造船「きたかみ」エコノミーシングル

今回はエコノミーシングルの紹介。

名前からするとB寝台やC寝台より安っぽく感じますが、B寝台の上位クラスになる部屋で、「いしかり」「きそ」のS寝台クラスに相当します。 「いしかり」「きそ」では扉なし、テレビ付きの1段ベッドのB寝台的な内容でしたが、より個室らしく進化しています。

バリアフリーにも対応。 スライド式ドアは、内側からも外側からも施錠ができる仕様なので、中に荷物を置いていても、安心して船内を移動できます。

ただし、鍵は電子錠ではありません。

ベッドと反対側の壁に小さなテーブル。 椅子はありません。

壁が薄いのはこのクラスでは仕方ありません。

足元に壁掛けテレビ。 テレビの裏に電源コンセントの空きが1つありました。

頭側の壁にテレビのスピーカーと、B寝台やC寝台と同じ電源コンセント付き照明が。

反対側の壁には、フックとのびのびハンガー。 少し下に部屋の照明スイッチがあります。

奥行きが狭く小さなテーブルの壁には鏡と電源コンセントが2つ。 室内に電源コンセントの空きが全部で4つもあり充実しています。

下の写真は同じ造りのドライバーズルームのもので、部屋着が写っていますが、エコノミーシングルにはないので乗船の際はお忘れのないように。

個別空調はなく、天井にたよりない換気口があるのみでドアを閉めると上下に隙間もできないので、暑いときの温度調整が難しいそう…。

「さんふらわあふらの」「さんふらわあさっぽろ」の同クラスの「コンフォート」よりは広く充実した内容ですが、テーブルが小さく、椅子もない、電子錠ではないので、新日本海フェリーの「すずらん」「すいせん」以上、「らべんだあ」「しらかば」未満といったところ。

客室のランクが上がるにつれ、船の上層階に配置されるものですが、「きたかみ」では、B寝台・C寝台とエコノミーシングルの階層が入れ替わっているのは「きたかみ」七不思議の一つです。

※「きたかみ」については、以下の記事でも紹介しています。
太平洋フェリー新造船「きたかみ」船内見学会
太平洋フェリー新造船「きたかみ」
太平洋フェリー新造船「きたかみ」B寝台、C寝台
太平洋フェリー新造船「きたかみ」1等室(その1)
太平洋フェリー新造船「きたかみ」1等室(その2)
太平洋フェリー新造船「きたかみ」特等室
太平洋フェリー新造船「きたかみ」ドライバーズルーム
太平洋フェリー新造船「きたかみ」飲食施設
太平洋フェリー新造船「きたかみ」浴室等
太平洋フェリー新造船「きたかみ」その他(その1)
太平洋フェリー新造船「きたかみ」その他(その2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。