今回は、1等室のウィズペットルームとバリアフリータイプの紹介です。 どちらもフローリングで、クロスツインやフォースのような小上がりはありません。

ウィズペットルームは、名前のとおり、乗船中にペットも一緒に過ごせる部屋です。 他の1等室利用料金に加え、追加料金(苫小牧~仙台間で10,000円)が必要…..人間のB寝台並の料金です。

フォースと同じような造りですが、下段の仕様が異なります。

片側は、ペットケージと空気清浄機のスペースに、

もう一方は、マットレス敷きで寝る4人部屋のフォースと違って、ベッド仕様になっています。

他の1等室と異なり、冷蔵庫スペースには扉が付きます。 ペットによるいたずら対策でしょうか。

ウィズペットルームを利用しない場合は、ペットハウスに預けることになります。 客室同様、事前予約が必要で利用には追加料金が発生します。

ペットケージはダイヤル施錠式で、他の人は開けられない仕組み。 空調付き。

外部甲板にあるペットテラス。 商船三井フェリーの「さんふらわあふらの」「さんふらわあさっぽろ」と同じくらいの大きさです。

塀の高さが人の背丈よりもあって、圧迫感が…。

ペットテラスの隅にある、ペットの足を洗ったりする場所。

こちらはバリアフリータイプの1等室。 他の部屋より、通路やベッド幅、ベッド間等が広くとられています。

非常呼出ボタンがナイトテーブル、クローゼット横、出入口低位置の3カ所に設定されています。

クローゼット。 要所要所に手すりが設けれています。

シャワー付きトイレ。

ウィズペットルームは2室、バリアフリールームは1室のみなので、早めに予約したほうがよいでしょう。

※「きたかみ」については、以下の記事でも紹介しています。
 ・太平洋フェリー新造船「きたかみ」船内見学会
 ・太平洋フェリー新造船「きたかみ」
 ・太平洋フェリー新造船「きたかみ」B寝台、C寝台
 ・太平洋フェリー新造船「きたかみ」エコノミーシングル
 ・太平洋フェリー新造船「きたかみ」1等室(その1)
 ・太平洋フェリー新造船「きたかみ」特等室
 ・太平洋フェリー新造船「きたかみ」ドライバーズルーム
 ・太平洋フェリー新造船「きたかみ」飲食施設
 ・太平洋フェリー新造船「きたかみ」浴室等
 ・太平洋フェリー新造船「きたかみ」その他(その1)
 ・太平洋フェリー新造船「きたかみ」その他(その2)