2012年7月より、船会社のオーナーズルーム2室がデラックスルームとして、一般客向けに販売されるようになりました。

オーナーズルームだった部屋なので、客室区画ではなく、乗員区画にあり、通常は入れない区画を通って出入りします。
案内所では、部屋の鍵と一緒に乗員区画に入るドアの鍵と部屋への行き方が書かれた札が渡されます。

船首にある展望ラウンジ手前の扉を、渡された鍵を使って中へ。

通路を進むとデラックスルーム2室の入口が並びます。
最初は秘密基地的でおもしろく感じましたが、何度も出入りしていると、都度2つも鍵を開けて扉を開けるのが面倒になってきました。(笑)

そこから奥へはロープが張られていて、乗員以外の立ち入りが禁止されていました。
近くに乗員の食堂があるので、時折、美味しそうな匂いが漂ってきたり…。

室内の設備はユニットバス・トイレ、洗面台、クローゼット、ソファ、テーブル、DVD&ビデオ付きテレビ、冷蔵庫。
そして、浴衣、フェイスタオル、スリッパ、電気ポット、茶器セット、アメニティセット(歯ブラシ・石鹸)の備品。

ユニットバスとトイレ、洗面台。

換気口からの音が気になりました。
開口部の調整ができないか見てみたら固定式。周りには数十年分!?かと思うような積もったほこりが。

ソファの奥に扇風機が置かれていたことからすると、夏は冷房の効きは良くなさそう。

乗船時、ソファの前のテーブル下にスナック菓子のかすがいくつも落ちていました。
他はきれいだったので、乗組員の人がソファに腰掛けてスナック菓子食べながらテレビ観ていたのかも。

案内所に連絡したら、すぐに部屋中を掃除してくれましたが、印象が悪くなってしまいました。
今はオーナーズルームではなく客室であることを意識してもらわないと…。

デラックスルームは、夕方便の「さんふらわあふらの」や「さんふらわあさっぽろ」の同等クラスの部屋であるプレミアムのようなプライベートデッキはないものの、室内がひとまわりほど広いのが良いところ。
しかし、元々、合理化を目指して造られた船なので、この部屋を利用したとしても、部屋以外でデラックスを感じられる所はありません。

この船に乗るのなら相部屋のカジュアルルームを、フェリーでの豪華な船旅を求めるなら夕方便のほうを利用したほうがよいでしょう。

※「さんふらわあしれとこ」については、以下の記事でも紹介しています。
 ・商船三井フェリー さんふらわあしれとこ
 ・商船三井フェリー さんふらわあしれとこ(客室)その1
 ・商船三井フェリー さんふらわあしれとこ(食事)
 ・商船三井フェリー さんふらわあしれとこ(その他)
 ・商船三井フェリー さんふらわあしれとこ