商船三井フェリー さんふらわあしれとこ

「さんふらわあしれとこ」は、今はない九越フェリー株式会社(後にリベラが吸収)が、2001年に「れいんぼうべる」の代替船として博多(福岡県)~直江津(新潟県)~室蘭(北海道)航路に就航させたフェリーで、2006年に姉妹船の「ニューれいんぼうらぶ」と共に「さんふらわあつくば」「さんふらわあみと」と交換され、大洗(茨城県)~苫小牧(北海道)航路に就航、2007年に現在の名称に変更されました。

九越フェリー時代、貨物主体の航路(博多~直江津~室蘭)に豪華フェリー「れいんぼうべる」「れいんぼうらぶ」を就航させて陥った経営難を改善しようと、合理化を図って造られたフェリーで、現行夕方便の「さんふらわあふらの」「さんふらわあさっぽろ」とトラック積載台数は変わらないものの、旅客定員は4分の1に縮小。一般客室のほとんどが相部屋のカジュアルルーム、レストラン等はなく冷凍食品自販機のオートレストランのみ、という簡素さとトラック利用を主体としているのが特徴。

車両甲板の最下層の第1甲板。乗用車を載せる層は、閑散期とあってがらがら。
2015年にこの上の第2甲板で、航行中に火災が発生したのは姉妹船の「さんふらわあだいせつ」のほう。

エントランスロビーの中央にある売店を兼ねた案内所。
売店といっても、カウンター下の小さなショーウインドウとカウンター奥にインスタント食品と雑誌がある程度で、夕方便と比べると品揃えは良くないので、航海中必要なものはあらかじめ買って持ち込んだほうが良いでしょう。

エントランスロビー。
ロビーを挟んで船首側がカジュアルルーム、船尾側がドライバーズルームとなっています。

ロビーの左舷側にある喫煙室。喫煙室はここと上階の2カ所。

喫煙室横にある100円返却式のコインロッカー。
相部屋を利用する場合は、貴重品はこちらに保管しておいたほうが良いでしょう。

右舷側にはソファが並ぶくつろぎスペース。

エレベータがないため、上下階への移動が困難な人は階段に設置された階段昇降機を利用することになります。
都度これを利用するのも不便と思いますので、エレベータのある夕方便のほうの利用をおすすめします。

上階にあるくつろぎスペースとゲームコーナー。

※「さんふらわあしれとこ」については、以下の記事でも紹介しています。
商船三井フェリー さんふらわあしれとこ(客室)その1
商船三井フェリー さんふらわあしれとこ(客室)その2
商船三井フェリー さんふらわあしれとこ(食事)
商船三井フェリー さんふらわあしれとこ(その他)
商船三井フェリー さんふらわあしれとこ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。