旅好き作者が訪れた全国の温泉や名所、旅先で見つけた珍品等を紹介

太平洋フェリー いしかり(2代目)

「いしかり(2代目)」は、1991年に就航し、名古屋~仙台~苫小牧間を航路としていた太平洋フェリー株式会社のフェリーです。現行の「きそ(2代目)」や「いしかり(3代目)」では客室のある3層のうちの中層にあるラウンジが、この「いしかり(2代目)」では上層に配置されていたため、その分、中・下層のパブリックスペースがかなり広く、また、「きそ(2代目)」や現行の「いしかり(3代目)」のように椅子やテーブルが敷き詰められてないため、とてもゆったり感がありました。
ショップ、ゲームコーナー、ミニシアターに至っては(需要はともかく)数倍の面積があり、宴会場や夜の遅い時間帯のみ営業のピアノバー、カードルーム等があったりと、「バブルな時代の船」を感じさせるフェリーでした。以降、新造船として「きそ(2代目)」、「いしかり(3代目)」の2隻が就航していますが、この「いしかり(2代目)」には及びません。それだけに引退してしまったのが残念なフェリーです。

はじめて乗船したときは、ラウンジショーや船長トークショー、操舵室見学等の様々なイベントや、乗船中常時営業しているカフェやショップに驚いたものでした。(1999年、2000年、2003年乗船)

客室は、個室のスイートルーム、特等(洋室、和室)、1等(洋室、和室)と相部屋のA寝台、B寝台、2等和室の6クラス。スイートルームと特等はバス・トイレ付き、1等はシャワー・トイレ付きの個室で、A寝台はカプセルホテルにあるテレビ、エアコン、読書灯付きのカプセルベッドが使われていました。

レストランは船尾にある、左右後ろの3面オーシャンビューの造りで、「きそ(2代目)」や現行の「いしかり(3代目)」と違って、室内が広く、個々のテーブルや料理が並べられたカウンターテーブルとの間隔がかなり広くゆったりとしているものでした。

売店は、乗船中、朝から就寝時間までほぼずっと営業していて、北海道や愛知県、寄港地の宮城県の土産物や菓子類、アルコールも含む飲料、雑誌が売られていました。店舗面積は121平米と現行の「きそ(2代目)」、「いしかり(3代目)」の2倍以上の広さがあり、なぜか洋服やアクセサリーなんかも扱っていました。
スタンドは、売店同様、乗船中ほぼずっと営業している喫茶店で、軽食やドリンクのほか、ジェラートも販売しており、営業時間の関係でレストランでの食事を食べ損ねた場合や、バイキングは量・金額的にきついという人にはぴったりの店でした。スタンド横では、昼間にピアノ演奏会が開催されていました。
レストラン「カリブ」 スタンド「ヨットクラブ」 売店
ラウンジでは、毎日夜にラウンジショーが開催されていました。今と違って、ショーが始まる前にアルコール等飲料の注文を一人一人とって、飲みながら観覧できるようになっていました。
当時は、夜のラウンジショー以外に昼間に船長トークショー、ショー終了後に操舵室見学が開催されていました。ちょうど反対方向へ航行する同社フェリーとのすれ違う時間に設定されていてサービスたっぷりでした。
スターダストラウンジ 船長トークショー 操舵室
日本海航路の他社フェリーにあるようなフォワードサロンはありませんが、下の写真のようなレストスペースが船内のあちこちに設けられていて、乗客が多くても座る場所に困るようなことはありませんでした。

現行の「きそ(2代目)」、「いしかり(3代目)」にもレストスペースはあるものの、船室中層に集約されている上、席間が狭くなっていて、この船のような開放感はありません。

プロムナード ショップ前のスペース プラザ
展望大浴場は、海を見ながら湯に浸かることができる浴室で同等のフェリーの並の広さ。浴室奥にはサウナも設置されていました。後継の「いしかり(3代目)」ではこのサウナは廃止されています。
外部甲板の歩き回れる場所も多く、操舵室よりもさらに高い位置にあるトップデッキ(最上階屋上)へも夜間以外は上がることができました。「きそ(2代目)」、「いしかり(3代目)」では緊急用のヘリポートになっていて、トップデッキには上がることができなくなっています。
オープンスカイホールは、航行風を防ぐ塀で囲われた人工芝が敷かれたボール遊びもできるスペースで、年末の離島クルージングの際にはイベント開催にも利用されていたようです。こちらも「きそ(2代目)」では、「いしかり(3代目)」では、廃止されています。
展望大浴場 オープンスカイホール トップデッキ

宴会場は畳敷きで、往年は大広間に名称が変更され、団体客用の寝室としても使用されていました。

ミニシアターは、映画館のように後席になるほど座席が高くなる造りで、席数は56席と「きたかみ」の1.5倍に拡張されていました。

ピアノバーは、ラウンジショー後、消灯時間まで開いていた大人向けバーで、ビール、日本酒、ウィスキー、ワイン等のアルコール飲料やソフトドリンクを扱っていました。席料・サービス料は無料。

「いしかり(3代目)」や「きそ(2代目)」では、宴会場は廃止、ミニシアターはラウンジに統合廃止、ピアノバーはカフェに統合廃止されています。

宴会場「摩周」 ミニシアター ピアノバー「カサブランカ」

上記以外に、ゲームコーナーやカラオケスタジオ、ミーティングルーム「ローズルーム」、カードルーム等の設備がありました。

 

いしかり(1991年就航)
全長 192.5m
全幅 27.0m
総トン数 14,500t
旅客定員 854名
車両積載台数 乗用車150台
トラック176台
造船所 三菱重工業神戸造船所建造
※いしかり(2代目)は、いしかり(3代目)の就航に伴い、2011年3月に引退しました。
PAGETOP
Copyright 1996-2018 Uemura All Rights Reserved.