旅好き作者が訪れた全国の温泉や名所、旅先で見つけた珍品等を紹介

新日本海フェリー すずらん、すいせん(2代目)

  • HOME »
  • フェリー »
  • 新日本海フェリー すずらん、すいせん(2代目)

「すずらん」、「すいせん」は2012年に就航した、敦賀(福井県)~苫小牧(北海道)間を航路とする新日本海フェリー株式会社の姉妹船です。先代すずらん、すいせんと同じ高速フェリー型で、舞鶴~小樽間航路の同社「あかしあ」「はまなす」で導入されたCRP配置ハイブリッド型ポッド推進システム(通常のディーゼルエンジン駆動のスクリューの後ろにある舵に、もう一つの電動式スクリューを付けた「ポッド推進装置」があり、2つのスクリューを互いに逆回転させることで高出力を生み出す仕組み)を搭載し、20時間で目的地に到着します。

外観デザインや内装の質感は、先代すずらん、すいせんには及ばないものの、フェリー初の露天風呂やカップ麺コーナー、ドックフィールド等、他フェリー会社にも見られなかった新たな試みが所々で取り入れられているのが特徴。
同社の現行フェリーの中では、客室とパブリックスペースのバランスが最もとれており、関西圏や東海圏から北海道をめざす人にはこちらの利用をおすすめします。(2012年、2014年、2015年乗船)

 

客室は、個室のスイートルーム、ジュニアスイートルーム、デラックスルームA(洋室、和室)、ステートルームA(洋室ツイン、洋室4名部屋、和室)と相部屋のツーリストS、ツーリストAの6クラスで、雑魚寝スタイルの大部屋は廃止されています。個室にはカード式のドアキーが導入され、先代すずらん、すいせんにはなかった、各個室専用テラスがデラックスルームA、ジュニアスイートルーム、スイートルームに設けられています。

ツーリストAは、この代から上下段で出入口が異なる階段式のものになりました。以降の「らべんだあ」「あざれあ」も同構造で、先に就航した舞鶴~小樽航路のあかしあ、はまなすも途中でこのタイプに改装されています。
ツーリストSは、同社従来船では通路との間がカーテンで仕切られていたものが、閂(かんぬき)で施錠できる扉付きのものとなりました。ベッド以外のスペースも広く、トップケースやパニアケースを客室に持ち込むライダー等手荷物の多い人にはぴったりの部屋です。

ステートルームAは、個室内の設備がこれまで洗面台のみだったところにトイレが追加されているのが大きな改良点で、トイレの都度、部屋を出て共用トイレに少し歩いて行く手間がなくなりました。
3種類あるステートルームAのうち、ステートルームA(ツイン)はインサイドルームとなっています。従来船ではプライバシー面の配慮として、対向する部屋との間に遮蔽板が設置されていたものが、窓に角度をつけることで遮蔽板をなくし、開放感がアップしています。
ステートルームA(4名部屋)は、従来船では2段式ベッドだったものが、プルマン式に変更され、奥に小上がりは廃止されています。ベッドを畳むとツイン部屋と同じ状態になります。

ツーリストA ツーリストS ステートルームA(ツイン)
ステートルームA(4名部屋) デラックスルームA ジュニアスイートルーム
食事のできる施設としては、レストラン、グリル、カフェの3種類があります。
レストランは、入口でトレーをとってカウンターに並んだ料理から好きなものをとってレジで精算するカフェテリア形式で、船体後部の3面オーシャンビューの配置で、外の景色を眺めながら食事ができます。グリルは予約制でコース料理が楽しめる1ランク上の施設です。同社他フェリーでは通路を挟んだ内側に配置されて、磨りガラスなところ、このフェリーではアウトサイドにあって外の景色が眺めながら食事できて良いです。

カフェは、カレーライスや麺類等の軽食やドリンクを扱っており、係員の兼務もあって、レストランと営業時間帯が異なっています。食事をとる時間に自由度が広がります。

この他、土産物やスナック菓子、おつまみ、アルコール類等を売っている売店、清涼飲料やアルコール飲料、カップラーメン、冷凍食品を扱う自販機、給湯室もあるので、各自の旅のスタイルに合わせて利用できます。

レストラン グリル カフェ
客室以外のくつろげるスペースとして、フォワードサロンやプロムナード、船尾のオープンデッキ等があります。

カフェ付近は、開放感のある広いくつろぎスペースがあり、窓際や壁際にテーブルや椅子、ソファが並べられています。ミニステージもあり、ビンゴ大会やプロの演奏家等によるミニコンサートが毎日開催され、催事の際は乗船客で賑わいます。プロムナード(展望通路)には、椅子が並べられ、外の景色を眺めながらくつろぐことができます。先代すずらん、すいせんでは船の両舷にあったものが、このフェリーでは片側のみとなり、通路幅も狭く、椅子とセットであったテーブルもなくなり簡素化されています。

フォワードサロンは、船首にあるくつろぎスペース。階下にあった、ほぼ同じ造りの喫煙スペース「スモーキングルーム」は、あかしあ、はまなすを最後に廃止されています。喫煙室は別に何カ所かありますし、煙草を吸わない乗船客にとってはなくても支障がない区画ですね。

浴槽につかりながら海が眺められる大浴場はサウナ付き。先代「すずらん」、「すいせん」と比べると浴室、浴槽とも広くなっています。浴室奥の扉を開けると露天風呂があります。過去には水着を着て入るジャグジー付きのフェリーはありましたが、裸ではいる露天風呂がフェリーに導入されたのはこのフェリーが初めてです。
浴槽は大きくはないものの、乗船客皆がずっと風呂に入っているなんてことはありませんので、昼間だと空いた状態で太陽の光と潮風を受けながらのんびりつかっていられます。

高速フェリーで航行風が強いため、すずらん、すいせん(初代)やあかしあ、はまなすと同様に外部甲板に出られるのは船尾の外部甲板「オープンテラス」のみとなっています。すずらん、すいせん(初代)にあったジャグジーやサウナルームは廃止されていますが、天井が高くなり、窮屈感はだいぶ軽減されています。夏期の繁忙期には、バーベキューガーデンがオープンし、外でバーベキューが楽しめます。

カフェ付近ホール付近スペース プロムナード フォワードサロン
浴室 露天風呂 オープンテラス

コンファレンスルームは、客室層の最上階にあり、映画が上映されています。従来船では、平らな部屋にパイプ椅子を並べた簡素なものでしたが、このフェリーでは、映画館のように後席に行くほど席の位置が高くなる本格的な造りになっています。ただ、せっかくの設備なのに映画上映にしか使われていないのは勿体ないですね。ビンゴ大会の参加者を収容するにはスペースが足りませんが、ミニコンサート等だったら使えるのでは。

カップ麺コーナーは、カップ麺を作り、食べる場所。区画内には、インスタント食品の自販機や給湯設備、残り汁を捨てるシンク、食べ終わった容器を捨てるゴミ箱、立食用のテーブルが置かれています。インスタント食品は臭いが強く、食べていない周囲の人からは気になるところがあります。他社フェリーのようにパブリックスペースでのインスタント食品の飲食を禁止するだけでなく、食べられる場所を指定するのも対策の一つだと思います。

レストラン席の中央にある透明のピラミッドは、葉菜を天井に付いた電灯の光で栽培する設備で、収穫物をサラダ等の料理に添える用途に造られたそうです。残念ながら、うまく運用できていない様子。せっかくの設備なので、何か植物を植えてはどうでしょう。

手荷物庫は、その名のとおり、長尺物や大きな手荷物を預かる保管庫です。乗船中に使用するのはアメニティ類や着替え程度でほとんどは使わないので、徒歩乗船客にとってはこのような設備はありがたいです。

ドックフィールドは、ペットと遊べる予約制のスペースで、最近就航する新造船では、ウィズペットルームと併せて設置される場合が多くなっていますが、こちらもすずらん、すいせんがフェリー初の設置です。

コンファレンスルーム インサイドルーム間の吹抜け カップ麺コーナー
光栽培設備 手荷物庫 ドックフィールド
 

上記以外に、卓球台やランニングマシンのあるスポーツルームや、カラオケ・ビデオが楽しめる個室のビデオルーム、ゲームコーナー、チャイルドルーム、マッサージコーナー、PCコーナー、写真展やパネル展が行われるギャラリー、コインロッカー、コインランドリー、衛星通信タイプの公衆電話等の設備があります。

 

すずらん、すいせん(2012年就航)
全長 224.5m
全幅 26.0m
総トン数 17,382t
旅客定員 613名
車両積載台数 乗用車58台
トラック158台
造船所 三菱重工業長崎造船所
 
PAGETOP
Copyright 1996-2018 Uemura All Rights Reserved.