旅好き作者が訪れた全国の温泉や名所、旅先で見つけた珍品等を紹介

新日本海フェリー らいらっく、ゆうかり

「らいらっく」は2002年、「ゆうかり」は2003年に就航した新日本海フェリー株式会社の姉妹船で、新潟港(新潟県)~小樽港(北海道)間を航路とし、国内フェリーでは初めて交通バリアフリー法(現・バリアフリー新法)に対応した船です。
スイートルーム以外の上等級の客室に専用テラスが設けられたこと、一方で個室の一部が外の景色が見えない船の内側に配置されたことが、従来船との特徴的な違いです。
小樽~新潟航路の新潟港行きの便は、朝に小樽港を出港するため、積丹半島から奥尻島付近までの景色を船の上から眺められます。(2011年乗船)
食事ができる施設は、レストランとグリル、カフェの3つがあり、グリルは予約制でコース料理が楽しめる高級食事処。カフェは軽食を取り扱っていてレストランより少し安めの価格設定。営業時間はレストランとかぶらないようになっています。
展望浴室は、浴槽が窓際にあり、湯に浸かりながら外の景色が眺められます。浴室内にはサウナも備え付けられています。また、展望浴室とは別にバリアフリー浴室もあり、バリアフリートイレとも、バリアフリータイプの個室のすぐ近くに設置されています。
グリル カフェ 展望浴室

 

レストランの外には夏期限定で営業されるバーベキューコーナーのテーブルと椅子が。その奥の外部甲板は屋根がなく、同社の高速フェリーと比べると開放感があります。
窓際にテーブルと椅子が並ぶ展望通路「プロムナード」はこの船から片側のみとなっています。
船首にあるくつろぎスペース「フォワードサロン」は、従来船より部屋が少し狭くなりました。夜間は外に光が漏れないよう、カーテンがかけられます。階下の同じ位置には、喫煙スペース「スモーキングルーム」もあります。同社「フェリーあざれあ、しらかば」「すずらん、すいせん(初代)」にあったエントランスロビーも廃止されており、客室以外のくつろげる場所が縮小されています。
外部甲板 プロムナード フォワードサロン

 

客室は、個室のスイートルーム、デラックスルーム(洋室、和室)、ステートルーム(洋室、和室、和洋室)、半個室のツーリストS、相部屋のツーリストA、Bの5クラス。ステートルームのうち、ツインの洋室はインサイドルームで海は見えませんが、吹き抜け構造となっていて、外光が入りますし、外が見える分、太平洋フェリーの「いしかり」や「きそ」より良いです。
ツーリストSは、新日本海フェリーのこのタイプの部屋の先駆けのため、半個室的ではあるものの、入口にドアはなく、カーテンのみで施錠ができません。ツーリストA・Bの約2倍以上の広さがあるので、パニアケース等荷物が多い方にはおすすめ。
ツーリストAの2段ベッドは、最近のフェリーのスタンダードとなっているセパレート式の2段ベッドのツーリストAと従来型2段ベッドのツーリストBの2種類が混在するようです。
ツーリストJ ツーリストB ツーリストS
ステートルーム(インサイド) 対向部屋との間にある目隠し板 バリアフリー対応ステートルーム

 

らいらっく(2002年就航)、ゆうかり(2003年就航)
全長 199.9m
全幅 26.5m
総トン数 18,229t
旅客定員 892名
車両積載台数 乗用車58台
トラック146台
造船所 石川島播磨重工業横浜工場
※2012年4月1日より、船室呼称が「特等室A→デラックルームA」「特等室→デラックスルームB」「1等室→ステートルームB」「S寝台→ツーリストS」「2等寝台→ツーリストB」「2等和室→ツーリストJ」に変更されました。(2012年追記)
※2017年年初の改造により、ツーリストSにテレビが設置され、22部屋あったツーリストJが1部屋のみとなり、上下段セパレートタイプベッドのツーリストAが新設されました。これに伴い、旅客定員が892名から846名に変更されました。(2017年追記)
※「らいらっく」「ゆうかり」とも、2017年に新造船「らべんだあ」「あざれあ」の就航に伴い、敦賀~新潟~秋田~苫小牧航路に配置換えとなりました。(2018年追記)
PAGETOP
Copyright 1996-2018 Uemura All Rights Reserved.