旅好き作者が訪れた全国の温泉や名所、旅先で見つけた珍品等を紹介

ジャングル風呂(弟子屈町)

北海道川上郡弟子屈町の池の湯にある「いなせレジャーランド」の施設の一つ。エントランスには土産コーナー、ゲームコーナー(相当昔のもの)があって、その少し奥に休憩所、さらに奥に南国ムード満点のジャングル風呂があります。

中に入って入湯料を払おうと受付に向かったのですが、人はいません。休憩所で寝ころんでテレビを見ている客に聞いてみると、「いらっしゃい!」…..客と思ったその人が受付の人でした。南国ムードに加え、のんびりムードもあるようです。

お金を払い、脱衣場に向かう私に受付の人曰く、「今日は貸し切りです!」。お客さんは誰もいないようです。「今日は」というより「今日も」が正しいかったかも。脱衣場に入り、手を洗おうと洗面所の蛇口をひねったのですが水が全然出てきません。もしかして、経営難で水道を止められているのかと心配したのですが、洗い場の蛇口からはちゃんと出たので大丈夫のようです。しかし、お湯が出る方の蛇口はいくら待っても水しか出てきませんでした。

施設と相反するきれいな看板
脱衣場から風呂場への入口。熱帯植物が群生している
下の写真をみていただければわかるかと思いますが、中には湯船が4つと、その周辺に熱帯植物群、洗い場、ベンチがあります。ここの湯船はそれぞれ湯温が異なり入湯者のニーズに対応しています。第1の湯はもっとも熱く(と、いうより「温かく」)、ややぬるめの第3の湯、そして全然温かくない(水の)第2の湯となっています。第4の湯は浴槽に湯が入っていません。何か意味があるのでしょうか??しかも、そこの壁だけが色が変なのも異様です。

超大型のガラス温室の中にある風呂のイメージです。写真だとわかりにくいですが、右奥に施錠されていないドアがあって、そこから入ると無料で入れてしまうのでは 洗い場。壁を隔てて女湯があります。おそらく同じ構成だと思われます
手前にあるのが第1の湯。右奥は第2の湯
手前が第3の湯。左奥は第2の湯、右奥は第4の湯
…と、入った当時は良いこと無しだと思っていたのですが、後になってから、この施設は内地からの観光客ではなく、地元の人達向けのものだったのではないかと考えるようになりました。北国に住む人達にとっては南国に行くことは簡単なことではないし、1年の半分近くを雪と共に過ごすこと考えると、こういう場所があってもいいのかもしれませんね。残念なことに翌年の2001年に再び訪れたところ、閉鎖されており、施設の一部は工事用機械により解体されていました。

閉鎖されたジャングル風呂

 

 

ぶらっと北海道

ぶらっと北海道

PAGETOP
Copyright 1996-2018 Uemura All Rights Reserved.