おなじみ弟子屈町を車で走っていると、郵便局のおじさんがカブで郵便物を配達をされているのを見かけました。そのタイヤには何やら光り輝くものが。よく見ると、滑り止めチェーンを装着しているではありませんか。

 

郵便局員の方の了解を得て撮影しようと近づいてみると、スタッドレスタイヤを装着していました。
スタッドレスタイヤのみでは心許なくてチェーンも付けているのだそうです。

近くの旅人宿のオーナーの話では、このあたりでは四季を問わず、町中はカブで、郊外は車で配達しているのだそうです。素早く乗り降りができて小回りの効くカブは冬の雪国でも活躍しているのですね。