屈斜路湖畔のとある旅人宿で同泊した方から、標津郡中標津町にあるそば屋でざるそばを注文したところ、フルーティーな味のする付け汁で酔っぱらってしまった!?と信じられないような話を聞き、翌日、そのそば屋を探すべく中標津にあるそば屋「丸大食堂」へ。

 

店に入り、そばを待っていると、店のご主人が一見さんの私に気さくにバイクの話をしてきます。なぜかと思ってら、かつて、店の裏の別棟をライダーハウスとして開放していたのだそうです。その後、町の再開発のために取り壊しになったのだとか。
出てきたそばを食べてみましたが、フルーティーな味は感じられず、ごく普通のそばでした。客によって付け汁をアレンジしていたりして(笑)客層を見ていると、観光客向けというより地元の方が気軽に入ってくる店のよう。

私の目を引いたのが下のレジ。丸いボタンには右から、40、30、20、10、50、100…..と表示されていて、それぞれのボタンを押すと、お釣りが40円、30円、20円…..出てくるというシンプルなもの。紙幣は下部の引き出しに入っています。釣り銭を素早く出すためだけの機械なので、計算は店のおばさんの頭脳で処理します。店のおばさん曰く「こんな便利なモノは他にないよ」。