明治から大正にかけて鰊(ニシン)漁が盛んだった頃、鰊漁で財を築いた大網元が莫大な費用をかけて建てた、住居と漁業の作業場所を兼ねた建物(番屋)は鰊御殿(にしんごてん)と呼ばれています。

なかでも、積丹半島の有数の鰊網元であった田中福松が建てた番屋は、最大規模を誇る鰊御殿で、全盛期には網元家族とヤン衆と呼ばれる雇い漁夫100人以上が寝泊まりしていたそうです。

田中邸は、昭和33年に泊村から小樽市北部の祝津地区に移築された後、小樽市に寄贈され、現在は「小樽市鰊番屋」として一般開放されています。
建物内には、鰊漁や鰊の加工に使われた道具や、鰊番屋で暮らしていた人々の生活用具、写真等が展示されています。

祝津地区を通る道路の脇には、番屋等がいくつも残っています。
田中邸のすぐ近くにあるこちらの廃屋は「近江番屋」。

この地区のニシン漁の三大網元(青山家、白鳥家、茨木家)の一つ、「白鳥家番屋」。

茨木家は、網元の家族と漁夫が別の建物に住んでいました。
こちらは「茨木家中出張番屋」。漁夫の住宅のほう。

そして、明治45年に初代・茨木與八郎によって建てられた茨木邸。
現在も住宅として使われているそうです。

鰊御殿と呼ばれる番屋の中には、「銀鱗荘」や礼文島の「桃岩荘ユースホステル」のように宿泊施設として利用されているものもあります。(2006年訪問)