旅好き作者が訪れた全国の温泉や名所等を紹介

スローフードの洋食屋 ミセス・ロビンソン(豊富町)

「農家レストラン ミセス・ロビンソン」は、離農した農家宅を改造して店舗にしている洋食屋。
兜沼の側にあるため、2階の客席からは沼が見渡せます。

ここの特徴はスローフード。
オーナーが接客から料理まで一人で切り盛りしていて、注文してから調理をはじめるため、料理が出てくるまで相当時間がかかることで有名です。

そのため提供されるまで長い時間待つ覚悟が必要です。

この時間が長い、苦痛に感じるという人には向いていません。
逆に、食事を摂りたくなる何時間か前からきて、料理が提供されるまでの間、のんびり過ごすことを楽しめる人に向いています。

1部屋にほぼ1つテーブルが配置されていて、個室感覚で利用できるのは良いところ。
各テーブルにお菓子が詰まった容器が置かれているのは、これを食べて待ってねということでしょうか。

肉料理を堪能。オムライスとガーリックトーストが人気だそうです。

※2011年11月に稚内に店舗を移転し、「カフェ&レストラン ミセス・ロビンソン」に名称変更しました。
※2014年3月に閉店しました。

ぶらっと北海道

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ぶらっと北海道

PAGETOP
Copyright 1996-2020 Uemura All Rights Reserved.