美幌町にあったインド料理屋のチェーン店が閉店し、その跡地にできたのが、このチベット・ネパール料理のお店「チベット・ネパール家庭料理タシ」。

オーナーはネパール人で、日本語も流暢に話し、チベット・ネパール料理を食べるのが初めての人にも、1つ1つの料理について丁寧に説明してくれます。ちなみに「タシ」はネパール語で「こんにちは」「ごきげんよう」を意味する言葉なのだそうです。

ランチタイムのおすすめは「ネパールカレー」。カレーは「チキン」「ポーク」「サグ(ほうれん草)」の3種類から、主食は「ライス」「ローティー(焼きパン)」「ティンモ(蒸しパン)」の3種類の主食からそれぞれ1つずつ選びます。これにレーズンとコーヒー(またはウーロン茶)が付いたセットになっています。

もう1つはワンコインメニューの「ダルバート」。カレーとライス、スープ、サラダ、フルーツのセットで、ボリュームたっぷりなのは節約旅の人にはうれしいところ。

こちらは、1日100個限定のチベットの肉饅蒸し餃子「モォモ」。

ネパールの炊き込みご飯「プラオ」。

この店に食べに行った人に感想を聞いてみると、皆、料理の味よりも「いい人だった」と同じ答えが返ってきます。普段食べることがないチベット・ネパール料理だからというのもあるのでしょうけど、きっとオーナーの人柄が印象に残るからでしょう。(2004年訪問)

 
※このお店は、2008年秋に閉店しました。(2009年追記)