旅好き作者が訪れた全国の温泉や名所、旅先で見つけた珍品等を紹介

北海道の温泉(道央)

祝梅温泉

北海道千歳市の自衛隊東千歳駐屯地近くにある日帰り温泉。敷地入口にある倒れかかった大きなボーリングピンが目印で、そこから両脇に廃材の置かれた私道を進んだ先に温泉施設はあります。見た目、ふつうの民家なので、入口の看板に気づかなければ、事前に調べていかないと初めて行くときは、たどり着くのが難しいかもしれません。

内湯のみで、湯は褐色のモール泉で源泉100%。シャワーから出てくる湯も温泉が使われています。冷泉を薪で沸かしているため、入るタイミングによって温度差があります。千歳空港から車で15分という近くにあるので、飛行機旅の時間調整で立ち寄るのにちょうど良いです。(2017年入湯)

所在地 北海道千歳市祝梅2142-7(Tel.0123-29-2222)
入湯料金 350円
営業時間 14:00~21:00(水曜定休)
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆☆
 

黄金温泉

北海道磯谷郡蘭越町にある日帰り温泉。ニセコの街から少し離れた所にあり、オーナーである農家の方が、自ら温泉を掘りあて、浴槽も含めた手造りの入浴施設を造って、一般の方にも開放しているものです。

湯はすべての浴槽で源泉掛け流し。岩風呂の内湯と露天風呂があり、露天風呂のほうは主浴槽のほかに五右衛門風呂と寝湯があります。内湯、露天風呂とも湯に浸かりながら正面のニセコアンヌプリが、そして露天風呂からは右側に羊蹄山が望めます。

泉源の温度が年々下ってきていましたが、新たに温泉を掘りあてたため、青いホースから熱い湯がドバドバと浴槽に注がれていました。施設のおばさんの話では訪れた数日前に出たばかりとのこと。ちょっと得した気分になりました。ニセコ地域ではイチオシの温泉です。(2009年入湯)

 

所在地 北海道磯谷郡蘭越町黄金258-1(Tel.0136-58-2654)
入浴料金 500円
営業時間 10:00~20:00
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉
おすすめ ☆☆☆☆☆
 

積丹半島温泉 みさきの湯

北海道積丹郡積丹町にある日帰り温泉。積丹半島の神威岬と積丹岬の間の高台に建つ大型入浴施設で、広い休憩室と高さをいかした眺めのよい露天風呂が特徴。

露天風呂は湯に浸かりながら左に神威岬、右に積丹岬が眺められ、晴れた日の昼間に積丹ブルーの海を見ながら浸かるのもいいし、夕暮れ時に赤く染まる海を見ながら浸かるのも良いです。消毒用の塩素臭が気になるのと、温泉の塩分が強いため、湯上がり時に掛け湯をしないと体がベタベタになってしまうのが難点。(2006年入湯)

 

所在地 北海道積丹郡積丹町大字野塚町212-1(Tel.0135-47-2050)
入浴料金 610円
営業時間 夏期(4~10月)は10:00~21:00、冬期(11~3月)は11:00~20:30(受付は終了30分前まで)
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆
 

余市川温泉 宇宙の湯

北海道余市郡余市町にある日帰り温泉。施設の屋上にスペースシャトルが載っているのが特徴。宇宙飛行士の毛利衛さんの実家がかつここを経営していたことから、今の経営者がこの名前が付けたのだそうです。

浴室は広くはありませんが、サウナや露天風呂、ジャグジー等あり、湯は掛け流されています。そのせいか、昼過ぎの時間帯にもかかわらず、地元の人で賑わっていました。(2007年入湯)

 

所在地 北海道余市郡余市町入舟町322(Tel.0135-22-4126)
入浴料金 440円
営業時間 9:30~22:00
泉質 塩化ナトリウム炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆
 

西の里温泉 里の森 森のゆ

北海道北広島市にある日帰り温泉。湯がコーヒー色をしたモール泉が特徴。浴室には温度が異なる2つの主浴槽とジャグジー、水風呂、サウナ、露天風呂があります。高台にあるため、露天風呂からの眺めは良く、湯船に浸かっている状態でも外の景色が眺められます。

食事もできる休憩室は、浴室の規模からすると大きめで、湯上がり後もゆったりできて良いです。国道274号線沿いにあり、営業時間も長いので、深夜発着のフェリー利用の際の時間調整等に便利。(2007年入湯)

 

所在地 北海道北広島市西の里511-1(Tel.011-375-2850)
入浴料金 650円
営業時間 9:00~22:00(受付は21:30まで)
泉質 ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉
おすすめ ☆☆☆☆
 
 

むかわ温泉 四季の湯

北海道勇払郡鵡川町にある温泉宿。併設の道の駅兼「ホテル四季の風」では宿泊することもでき、最上階にある展望浴場は宿泊者のみ利用可能となっています。
造りの異なる浴室が2つあり、日替わりで男湯と女湯が変わる仕組み。湯のほうは、放流・循環併用式で塩素臭が気になるものでした。

苫小牧東港から10kmほどの距離にあるので、苫小牧港に夜に発着するフェリーの乗船時間までの時間調整に便利。(2008年入湯)

PAGETOP
Copyright 1996-2019 Uemura All Rights Reserved.