旅好き作者が訪れた全国の温泉や名所、旅先で見つけた珍品等を紹介

宮崎県の温泉

湯穴温泉

湯穴と書いて「つあな」と読みます。施設の隣にある管理人さん宅で入浴料を払おうと、受付と書かれたドアを開けるとそこは台所の中…勝手口でした。(笑) 台所に上がってカウンター越しに食堂にいるおじさんに入浴料金を渡すというのはなんとも不思議な感じ。

温泉成分の析出物でコーティングされた浴槽が特徴。左隣の小さな浴槽が源泉がそのまま入っているもので、泉温が22℃と低いため、主浴槽は加温された源泉が入っています。

湯上がり後に管理人のおばさんと少し立ち話。なんと、この日が本年最後の営業日だったのだそう、ギリギリセーフ。(2010年入湯)

所在地 宮崎県都城市吉之元町4518-9(Tel.0986-33-1380)
入浴料金 1時間300円、1日1000円
営業時間 8:00~19:00(通年営業)
泉質 炭酸水素塩泉
おすすめ ☆☆☆

えびの高原温泉 えびの市営露天風呂

えびのスカイライン沿いにある温泉。沢の一画に岩を組んでつくられた露天風呂は、直径数メートルくらいの大きさ。浴槽を少し下った所には竹樋から露天風呂から溢れた湯が竹樋から流れ落ちる打たせ湯も設けられています。温度が安定していないようで、湯温が低いときは入浴することができません。ですので、少々湯温が低くても入れる暖かい時期に行ったほうが良いでしょう。(2003年入湯)

えびの市営露天風呂は、源泉の温度が低下して入浴できない状態となったため、平成17年10月から休業中となっています。再会に期待。(2011年追記)

所在地 宮崎県えびの市大字末永1208(Tel.0984-35-1111(えびの市観光商工課))
入湯料金 200円
営業時間 9:00~17:00(通年営業)
泉質 含硫黄-カルシウム・アルミニウム・硫酸塩泉
おすすめ ☆☆☆

 

白鳥温泉 上湯

えびの高原近くにあるロッジ風の施設。上湯は西郷隆盛も湯治に訪れたという歴史ある湯で、現在でも素泊まりで宿泊することができます。施設が高台にあるので、内湯と露天風呂のどちらからもえびの市を一望することができます。

また、少し離れた別棟には、地中から吹き出すガスを利用した蒸し風呂もあります。かなり熱いですが、ここへ来たら蒸し風呂のほうも入ることをおすすめします。(2003年入湯)

所在地 宮崎県えびの市末永1470(Tel.0984-33-1104)
入湯料金 300円
営業時間 8:00~20:00(第一火曜定休)
泉質 単純酸性泉
おすすめ ☆☆☆
PAGETOP
Copyright 1996-2019 Uemura All Rights Reserved.