旅好き作者が訪れた全国の温泉や名所、旅先で見つけた珍品等を紹介

愛知県の温泉

尾張温泉 尾張温泉東海センター

愛知県の南西、蟹江町にある温泉施設。1960年代に「かにえ温泉東海ヘルスセンター」としてオープンし、その後現在の名称に変更し、全盛期は観光ホテルや3000人が収容できる演芸場、温泉プール、遊園地、植物園等がある大規模リゾート施設でしたが、その後、時代の流れとともに、宿泊施設は閉館、毎日開催されていた演芸場での催しも終了し、現在は日帰り温泉施設のみの営業となっています。
しかし、温泉は今も衰えることなく、6本の源泉からは大量の湯が広大な岩風呂に供給されています。湯は、加水・加温なし、循環・ろ過なしの源泉が贅沢に掛け流されています。浴槽だけでなく、洗い場のカランやシャワーから出てくる湯も温泉が使われています。塩素消毒は行っているそうですが、臭いはわかりませんでした。
施設入口から、受付までの広いスペースには、土産物屋や紳士物のスーツや婦人服、靴やタオルを売る店が並び、昭和のレトロな雰囲気が漂っていて見ていて楽しいです。長く続いてほしいですね。(2018年入湯)

所在地 愛知県海部郡蟹江町佐屋川西97(Tel.0567-95-3162)
入浴料金 600円
営業時間 13:00~23:00(年中無休)
泉質 単純温泉
おすすめ ☆☆☆☆☆

海淡温泉 ホテル小野浦

知多半島の西岸、美浜町にある温泉。温泉成分に含まれるヨードにより、湯が緑色をしているのが特徴で、内湯の浴槽床にオニックスの原石や、吐水口に水晶、浴室壁面に水晶、瑪瑙、トラメ石の宝石が埋め込まれていることから宝石の湯の名がつけられています。加水なし、加温ありで、循環されているものの、塩素臭は気になりませんでした。浴室が西方向の伊勢湾の海に面しているので、湯に浸かりながら夕日を眺められます。離れに開放的な露天風呂もありますが、そちらのほうは温泉ではありません。(2018年入湯)
所在地 愛知県知多郡美浜町小野浦字風宮崎2-1
入浴料金 600円
営業時間 11:10~20:00(清掃時間帯(14:50~15:40)は利用不可)
泉質 ナトリウム-塩化物泉
おすすめ ☆☆☆

天然温泉かきつばた

伊勢湾岸自動車道の刈谷ハイウェイオアシスにあるスーパー銭湯。一般道からも行くことができる場所に設置されています。スーパー銭湯ということで、電気湯、エステバス、ほぐし湯、壺湯等の様々な浴槽があります。露天岩風呂は「天然温泉掛け流し」との記載で、源泉が掛け流されているのではなく、まぎらわしい表記ですね。湯上がり時に白湯でしっかり流したのに体に消毒用の塩素臭がかなり残りました。とはいえ、高禄道路を降りることなく、入浴できるのは便利です。(2017年入湯)
所在地 愛知県刈谷市東境町吉野55(Tel.0566-35-5678)
入浴料金 820円
営業時間 9:00~23:00(毎月15日定休、受付22:15まで、土日祝7:00~)
泉質 ナトリウム-塩化物泉
おすすめ
PAGETOP
Copyright 1996-2018 Uemura All Rights Reserved.