硫黄谷温泉 霧島ホテル

鹿児島県霧島市にある温泉宿。温泉街から少し離れた山手にあるホテルで、体育館のように大きな浴室と、2階くらいの高さから大量の湯が豪快に注がれる中央のプールのような広い浴槽が特徴。


中央の浴槽はゆるやかなすり鉢状になっていて、深いところでは1.4mもあるため、座って浸かることができず、立って入るか、浴槽の縁に座るしかありません。この浴槽の周囲に6つの浴槽と外に露天風呂があり、4種類の泉質の温泉のいずれかが使われています。

浴室の大部分は混浴となっていて、別に女性専用エリアもありますが、大浴槽に浸からないと来る意味がありません。白濁した湯で女性専用エリアから混浴エリアへの入口も配慮されているので比較的女性も利用しやすいと思われますし、それも厳しい場合は、夜になるとほとんどの時間帯が女性専用となるため、宿泊するのもよいと思います。逆に、男性からすると夜はほとんど入れる時間がないため、入浴料金は高いものの、宿泊するよりも日帰り入浴で利用するほうがよいでしょう。(2010年入湯)

硫黄谷温泉霧島ホテル
硫黄谷温泉霧島ホテル
所在地鹿児島県霧島市牧園町高千穂3948(Tel.0995-78-2121)
入浴料金1,000円
日帰り利用時間11:00~19:00(通年営業)
泉質硫黄泉、明礬泉、鉄泉、塩類泉
おすすめ☆☆☆

次の記事

川根温泉 ふれあいの泉