小野小町温泉 セントラーレ・ホテル京丹後

京都府京丹後市にある日帰り温泉。京都府の日本海側にある大宮町は平安時代の歌人小野小町が晩年を過ごしたとされている地で、温泉の名前もそれに由来しています。この温泉に入ると小野小町のように美人になれるのだとか。現代っ子の私には美人の定義がよくわかりません…。内湯には主浴槽のほか打たせ湯やジャグジーがあり、露天風呂があり、高台に位置する露天風呂からは大宮町が見渡せます。湯は循環式で屋外の露天風呂のほうが塩素臭が気になりました。(1997年入湯)

 

この施設は平成21年2月1日まで「おおみや小町温泉 国民年金健康センター丹後おおみや」として営業していましたが、社会保険庁の解体に伴い民間事業者に払い下げられ、平成21年10月1日より名称が変更されています。(2011年追記)
小野小町温泉セントラーレホテル京丹後
小野小町温泉セントラーレホテル京丹後
所在地京都府京丹後市大宮町三坂105-15(Tel.0772-68-1122)
入湯料金600円(土日祝は700円)
営業時間6:00~9:00、10:00~22:00(入館は21:30まで)
泉質含弱放射能・ナトリウム・炭酸水素塩泉
おすすめ

前の記事

琴引浜温泉