明礬温泉 鶴の湯

大分県別府市にある別府三大秘湯の1つ。明礬温泉近くの霊園から徒歩で100mほど登ったところに温泉はあります。地図で見ると、「へびん湯」や「鍋山の湯」のすぐ近くになりますが、ルートは異なるので、温泉をはしごしようとすると、一旦国道500号線まで戻らなくてはなりません。
 
混浴の露天風呂で、硫黄臭の強い半透明の湯が奥から手前に掛け流されています。墓地のすぐ近くなので、夜に行くのはやめたほうがよさそうです。左の建物は脱衣所兼休憩所で、脱いだ服を入れるカゴや休憩用のベンチ、女性専用の脱衣室など野湯とは思えないくらい設備が整っています。柱には「H10年8月女性更衣室設置」「H10年渡り橋設置」「H13年3月コンクリ施工」「H13年3月造園植樹」の文字が。地元の方達がここをより良くしようと努力されていることが伺えます。(2001年入湯)
 
現在は浴槽が2つになり、さらに手前方向に足湯も造られています。ただ、手前の湯が涸れて入浴できない時がよくあるそうなので、行かれるときは事前に情報収集をしてからのほうがよいでしょう。(2011年追記)
明礬温泉鶴の湯
明礬温泉鶴の湯