旅好き作者が訪れた全国の温泉や名所等を紹介

サケあみおこしツアーでサケ漁・水揚げを見学2(斜里町)

ウトロ港で我々を待っていたのは、なんと観光バス。

バスに乗り込むと出発。トイレ休憩の「道の駅うとろ・シエリトク」を経由し、ウトロ漁港人工地盤へ。
わずか数百メートルの距離をバスで連れて行ってもらえるなんて贅沢…。

ウトロ漁港人工地盤は、2016年に完成した漁港施設。

1階が漁業専用の衛生管理エリアとなっていて、2階から水揚げ・選別作業を見学することができ、「ウトロ鮭テラス」という愛称が付けられています。

2階には、一般車両が駐車できるスペースもあるので、車で気軽に来ることが可能。

2階の奥のエリアは、漁師が漁具を整備・調整するスペースになっています。
定置網で使われる一つの網(身網)の大きさは、近くのオロンコ岩(高さ57m、幅200m)ほどもあるため、大型クレーンを使って網の補修や調整を行います。

先ほど、海上で網おこし作業をしていた漁船が帰ってきました。

こちらは、水揚げしたサケを選別する選別台。

HBC北海道放送が取材に来ていました。
何かの番組で放映されたかも。

氷の入った船のいけすの中で、冷やしながら運んできたサケを大きな網ですくい上げます。

何十尾ものサケが入っているので、船に備え付けのクレーンの力を借りて持ち上げ。

選別台で網を広げサケをおろす。

それを10人で手早く、等級ごと、オス・メスに分別していきます。

分別されたサケは、タンクごとフォークリフトで運ばれた先で競りにかけられます。
その後、仲買人による入札が行われた後、トラックに積み込まれ、加工場へ運搬。

サケと一緒に網にかかったブリ。
立派なブリですが、サケと比べると単価は低いため、ここではあまり喜ばれない魚なのだそうです。

再びバスに乗って、すぐ近くの「お食事処 夷知床(えぞがしま)」へ。
ツアーには朝食も含まれています。

サケに係るツアーということで、鮭フレークとイクラの親子丼。
朝から贅沢…。

食事後、ウトロバスターミナルまでバスで移動。

ターミナル横を流れるペレケ川の河川公園まで歩きながらサケの遡上を見学します。
斜里町役場の森さんのガイド付きなのでとてもわかりやすい。

最後にアンケートを書いてツアーは終了しました。

サケ漁が間近で見られて、知床観光船(カムイワッカコース)並の観光付き。
おまけに豪華な朝食も食べられて大満足のツアーでした。

 

ぶらっと北海道

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ぶらっと北海道

PAGETOP
Copyright 1996-2020 Uemura All Rights Reserved.