フェリーびざん(客室)

※同型船である「フェリーどうご」「フェリーしまんと」「フェリーりつりん」も、こちらで紹介しているものと客室や船内設備は同じです。

オーシャン東九フェリー「フェリーびざん」の客室は、階段式2段ベットの2等洋室、4名個室、 2〜3名個室、バリアフリールーム、ペットも一緒に入れるwithペットルームの5種類があります。

2等和室(いわゆる雑魚寝部屋)はなく、相部屋の2等洋室が基本乗船料金で利用できます。
2等洋室は相部屋で、ベッド部分以外は、他の乗船客と共用することになります。

上段は、ハシゴはなく階段で上がる最近のタイプ。

フェリーびざん02

フェリーびざん03

ベッドスペースには、個別照明が付いており、基部に電源コンセントが1箇所、スマホ等の充電ができます。

フェリーびざん04

足元の上には荷物が置ける棚も。

フェリーびざん05

4人定員個室は8畳ほどの広さ。
床は絨毯敷きで、靴を脱いで過ごせるのが良いところ。

部屋の両脇に2段式のプルマンベッドが備え付けられています。
折りたたみ式なので、使わないときは畳んで部屋を目一杯使うことができます。

フェリーびざん06

マットレスはベッドに固定されていて、出入口近くの棚においてある薄い敷布団と枕、シーツ、枕カバーを自分で敷いて利用します。

フェリーびざん07

空調はドア脇の操作パネル温度調整が可能。
室内にはテーブル、テレビ、冷蔵庫が備え付けられています。

2等洋室の個室タイプという位置付けの簡素な造りで、室内に洗面設備やトイレはなく、外の共用設備を利用することになります。
また、歯磨きセットやタオル、寝間着、茶器セット等の備品もありません。

電源コンセントは、テレビと冷蔵庫に使われているため、空きは1つのみですが、相部屋と同じようにベッドの
枕元の専用照明に1箇所ずつ、計5カ所あります。

フェリーびざん08

こちらは2〜3人用個室。
5畳程度の広さで、3人で利用する場合は2人がベッドを利用し、もう1人は床に布団を敷いて寝ることになります。

4名定員個室と比べると半分以上の広さなのですが、体感的にはかなり狭く感じます。
起きているときはベッドを格納して部屋を利用することになると思います。

その他の室内の設備は4名部屋と変わりません。

フェリーびざん09