はまゆう(客室>デラックス)

東京九州フェリー「はまゆう」の客室は、個室のデラックス、ステート、半個室のツーリストS、大部屋のツーリストAの4クラスあります。ここではデラックスクラスの客室を紹介します。

「はまゆう」では、スイートクラスの客室はなく、デラックスが最上級の客室になります。
船外から見ると、専用テラスがあるのがデラックス。左舷側1室と右舷側1室の2室のみという希少な客室となっています。

はまゆう03    

最近のフェリーでは出入口の解錠をカードキーで行うものが主流となっていますが、「はまゆう」ではQRコード読み取り式が採用されており、QRコードをドアノブ上のリーダーにかざすと解錠される仕組み。

はまゆう04

部屋は2名定員で、入口手前にトイレ・洗面所・バス一体型のユニットバスのある水回り部屋、その先にベッドスペース、奥にリビングスペース、そしてガラス戸を隔てて専用テラスがあります。部屋のレイアウトは、新日本海フェリーの「らべんだあ」「あざれあ」と同じ。

はまゆう05

「らべんだあ」「あざれあ」ではナイトテーブルに内蔵されていた照明等のコントロールパネルは、「はまゆう」では壁面に埋め込まれています。照明がスポットライトタイプに変わっていること、100V電源コンセント以外にUSB電源コンセントが新設されているのが改良点。

はまゆう07

リビングスペースのソファとテーブル。
「らべんだあ」「あざれあ」では丸形だったテーブルは四角く、面積はかなり大きくなりました。レストランの食事トレーを置いてもまだ余裕があるくらい。

はまゆう08

ソファと反対側の壁には横長の机兼棚と椅子が。

テレビは「らべんだあ」「あざれあ」からさらに大型化されています。
テーブル周りには、電源コンセント、小型冷蔵庫、湯沸かしポット、茶器セット、ドライヤー等が備わります。

はまゆう06

水回り部屋は、トイレと洗面台、バスタブのあるユニットバス。新日本海フェリー「らべんだあ」「あざれあ」からほとんど変化ありません。

はまゆう08

運賃のほうはルームチャージ制のため、1人利用だと60,000円(繁忙期75,600円)と同程度の長距離フェリーのスイートルーム並みの値段。「ツーリストA」や「ツーリストS」は、新日本海フェリー「らべんだあ」「あざれあ」のものからさらに改良されているので、1人で乗船するならそちらでもいいかもしれません。