すずらん、すいせん(スイート)

※「すずらん」と「すいせん」は姉妹船(同型船)であるため、客室や船内設備は同じです。ここでは主に「すずらん」の画像を使って紹介しています。

新日本海フェリー「らべんだあ」「あざれあ」の客室は、個室のスイート、デラックスA、ステートAと半個室のツーリストS、相部屋のツーリストA、Cの5クラスあります。ここではスイートクラスの客室を紹介します。

スイートクラスは、「スイート」と「ジュニアスイート」の2種類の客室があり、広さはジュニアスイートがデラックスルームの1.5倍、スイートが2倍で、室内の各設備も大きく、質感も上がります。

室内の設備は、展望バス、シャワートイレ、洗面所、液晶テレビ、DVDプレーヤー、冷蔵庫、クローゼット、備品はガウン、バスローブ、バスタオル、フェイスタオル、使い捨てスリッパ、湯沸かしポット、茶器セット、シャンプー、リンス、ボディソープ、石鹸、ティッシュ、歯ブラシ、ドライヤー、レディースキット等が用意されています。

こちらはジュニアスイート。
2名定員の洋室タイプで、奥行はデラックスと同じですが室内幅が広くなります。

すずらん36     

デラックスでは壁際の2人掛けソファのみだったのが、ジュニアスイートでは対面ソファが追加、テーブルも大きなものに。

テレビのサイズも大きくなり、その下にはまた別の椅子とテーブルが置かれています。

すずらん37

デラックスでは鉄板だった床が、ジュニアスイートでは板張がされるグレードアップ。

すずらん38

バスタブやトイレ、洗面台のある水回り部屋はデラックスルームと同じもの。

すずらん39

最後はスイート。
2名定員の洋室タイプで、ジュニアスイートからさらに室内幅が拡張され、デラックスの2倍の広さに。

すずらん40

ベッド脇には、ベッド並の幅のある机と椅子、その隣にクローゼットが並びます。
机下の棚の中は小型冷蔵庫や茶器セット等が。
(机と椅子)

ソファセットのソファは幅広のものになり、椅子の数がさらに増えます。
奥に見えるのは、テレビ、椅子、テーブル、小型冷蔵庫のあるダイニング風スペース。

すずらん41

浴室はアウトサイドに配置されており、大きな窓があるので、外の景色を眺めながら入浴できます。
大浴場と違って貸切なところにも優越感があります。

浴室とトイレはガラス壁で仕切られているので、トイレからも同様の景色が楽しめます。

すずらん42

スイートクラスは、運賃に乗船中の食事(3食)が運賃に含まれており、場所もレストランではなく、コース料理が楽しめる1ランク上の「グリル」での食事となります。並ばなくても席に座れて、静かに特別料理が味わえるのは魅力の一つだと思います。