らべんだあ、あざれあ(ステート1)

※「らべんだあ」と「あざれあ」は姉妹船(同型船)であるため、客室や船内設備は同じです。ここでは主に「らべんだあ」の画像を使って紹介しています。

新日本海フェリー「らべんだあ」「あざれあ」の客室は、個室のスイート、デラックスA、ステートAと半個室のツーリストS、相部屋のツーリストA、Cの5クラスあります。ここではステートクラスの客室を紹介します。

ステートルームは、昔は1等室と呼ばれていた部屋で、2名定員の「ツイン」、「ウィズペットルーム」、4名定員の「和洋室」の3種類あります。

室内には、共通してシャワーブース、シャワートイレ、洗面所、液晶テレビ、小型冷蔵庫、ロッカーの設備があり、浴衣、バスタオル、タオル、ボディソープ、リンスインシャンプー、使い捨てスリッパ、湯沸かしポット、茶器セット、石鹸、ティッシュ、歯ブラシ、ドライヤーといった備品が用意されています。

まずは、最も部屋数が多い「ツイン」から。

ツインは、船の中央に配置されたインサイドルームと海側に配置された窓のあるアウトサイドルームがあります。運賃はインサイドルームの方が千数百円安いですが、外の景色が見えて外光も差し込むアウトサイドルームのほうが良いでしょう。

らべんだあ19

入口から見た室内の様子。
手前にテーブルと椅子、反対側にシャワールーム兼トイレ・洗面台のある水回り部屋の扉が見えます。
テーブルの上には液晶テレビや湯沸かしポットが備え付けられており、奥の窓際にベッドが並びます。

らべんだあ18

ベッドの間のナイトテーブルは、室内の全照明の操作ができるほか、電源コンセント2つとアラーム付き時計が備わります。館内放送のボリューム調整もここで可能。

らべんだあ20

ベッドと水回り部屋の間にはクローゼットと小型冷蔵庫が設置されています。
冷蔵庫は持ち込んだ飲み物等を冷やせて便利。

らべんだあ21

クローゼットに置かれているのは使い捨てタイプのスリッパ。
靴を履いているよりスリッパの方がリラックスできます。

こちらは水回り部屋。
中央にトイレ、右手に洗面台、左手にシャワーブースがあります。

らべんだあ22

らべんだあ23

シャワーブースとトイレ・洗面台の仕切りは、カーテンが付いているフェリーが多い中、「らべんだあ」「あざれあ」では半透明の樹脂製のしっかりした扉が付いています。
これがあるおかげでトイレや洗面台が水浸しになることもありません。

らべんだあ24

室内に空調コントローラがあり、個別に温度調整等ができるようになっています。

らべんだあ25