らべんだあ、あざれあ(スイート)

※「らべんだあ」と「あざれあ」は姉妹船(同型船)であるため、客室や船内設備は同じです。ここでは主に「らべんだあ」の画像を使って紹介しています。

新日本海フェリー「らべんだあ」「あざれあ」の客室は、個室のスイート、デラックスA、ステートAと半個室のツーリストS、相部屋のツーリストA、Cの5クラスあります。ここではスイートクラスの客室を紹介します。

スイートは、客室の中で最もグレードの高い部屋で、広さは56平米とデラックスツインの約2倍もあり、室内の各設備も大きくなり、質感も上がります。

室内の設備は、展望バス、シャワートイレ、洗面所、液晶テレビ、DVDプレーヤー、冷蔵庫、クローゼット、貴重品ロッカー、備品はガウン、バスローブ、バスタオル、フェイスタオル、使い捨てスリッパ、湯沸かしポット、茶器セット、シャンプー、リンス、ボディソープ、石鹸、ティッシュ、歯ブラシ、ドライヤー、レディースキット等が用意されています。

部屋に入って左から見ていくと、荷物置き場にタンス。
画像に写っていませんが、右には大型のクローゼットが並びます。

らべんだあ42      

スイートの使い捨てスリッパは、質感が上がりラベンダー色に。
これを履いて廊下を歩くと、スイート利用客であることがすぐにわかります。

らべんだあ43

ベッドスペースにあるベッドは、デラックスよりもさらに幅が広くなり、枕も2つになります。

らべんだあ44

左端のベッドスペースとリビングスペースとの間仕切りの裏側に、ベッドにいながら見る用のテレビ、そして、リビングスペースのソファに腰掛けて見られる壁掛けテレビの2台が室内にあります。

らべんだあ45

リビング側テレビの右奥に少し見えるのがバスルーム、トイレと洗面所のある水回りの入口。

デラックスにあるのはバス・トイレ・洗面所一体型のユニットバスですが、スイートになるとそれぞれ独立した区画に分かれ、透明なガラス壁で仕切られます。
そのため、トイレに入っていても、洗面所にいても、浴室にいても、外の景色を眺めながら過ごせます。

船外からだと、専用テラス右の張り出した部分がバスルームになります。

らべんだあ48

デラックスでは鉄板剥き出しだった専用テラスの床は、スイートになると板張りの床になり、さらにテーブルと椅子が備わります。絵になりますね。

らべんだあ47

リビングスペースには、手前に机と椅子、奥にソファとテーブルのセットがあります。

らべんだあ46

スイートの運賃には、船内にある予約制の食事処「グリル」での食事(昼食、夕食)も運賃に含まれています。

らべんだあ49