らべんだあ、あざれあ(レストラン等)

※「らべんだあ」と「あざれあ」は姉妹船(同型船)であるため、客室や船内設備は同じです。ここでは主に「らべんだあ」の画像を使って紹介しています。

新日本海フェリー「らべんだあ」「あざれあ」のパブリックスペース(レストラン等)を紹介します。
船内には、レストラン、グリル、カフェの3カ所で食事ができます。

こちらはレストランで、らべんだあでは「AKANE」、あざれあでは「白樺」の名前が付いています。

らべんだあ62

「らべんだあ」では、レストランは右舷側にあり、細長い形状をしています。

らべんだあ63

カウンターに並んだ料理から好きなものをトレーにとって精算するカフェテリア方式。

らべんだあ64

らべんだあ65

期間限定(2017年は8月1日~20日)となりますが、外部甲板でバーベキューコーナーが開設されます。
屋根付きなので、雨を気にせず楽しめます。

らべんだあ66

グリルは予約制の食事処。
らべんだあでは「IRIHI」、あざれあでは「大樹」の名前が付いています。

らべんだあ67

とある日のランチ。夜はコース料理が食べられます。
スイートルームは、ここでの食事サービス付き。

らべんだあ68

「らべんだあ」「あざれあ」のグリルでは、外との間に通路があり、窓も磨りガラスとなっているため、外の景色を見ることができません。

らべんだあ69

カフェは軽食が食べられるところ。
ビーフカレーやスパゲティ、そば・うどんからコーヒー、ソフトドリンク等がメニューとしてあります。
時間帯によって、メロンパン等の焼きたてパンの販売も。

らべんだあ70

売店では、発着港の土産物や菓子、おつまみ、飲料、日用品等が売られています。
店舗外のエントランスホールにもワゴンで商品が並べられていて、かなりの品数。

らべんだあ72

自販機コーナーには、冷凍食品やアルコール類、清涼・炭酸飲料、アイスクリームが売られています。

らべんだあ73

らべんだあ74

「らべんだあ」では、船内の給湯室は廃止され、代わりに、外部甲板のバーベキューコーナーに給湯器と案内所に給湯ポットが置かれています。

インスタント食品は臭いが強いので、船内のパブリックスペースではなく、外部甲板のバーベキューガーデンやオープンデッキや食べたほうがよいでしょう。

らべんだあ75

なお、個室利用の場合は、各部屋に急速湯沸かしポットがあるので、ここまで湯をとりにくる必要はありませんし、個室内で自由に食べることができます。