らべんだあ、あざれあ(デラックス)

※「らべんだあ」と「あざれあ」は姉妹船(同型船)であるため、客室や船内設備は同じです。ここでは主に「らべんだあ」の画像を使って紹介しています。

新日本海フェリー「らべんだあ」「あざれあ」の客室は、個室のスイート、デラックスA、ステートAと半個室のツーリストS、相部屋のツーリストA、Cの5クラスあります。ここではデラックスクラスの客室を紹介します。

デラックスルームは旧特等室にあたる部屋で、2名定員の「ツイン」と2~3名定員の「和室」の2種類あり、専用テラスがあるのと、ユニットバスが備わるのが特徴。

船外から見るデラックスの専用テラス。
上階がツインの洋室で、下の階が和室のものになります。

らべんだあ41      

室内には、ツイン、和室に共通してユニットバス、シャワートイレ、洗面所、液晶テレビ、小型冷蔵庫、クローゼット、貴重品ロッカーの設備があり、浴衣、バスタオル、タオル、ボディソープ、リンスインシャンプー、使い捨てスリッパ、湯沸かしポット、茶器セット、石鹸、ティッシュ、歯ブラシ、ドライヤーといった備品が用意されています。

こちらはツインのほう。
小さい間仕切りを境に手前がベッドスペース、奥にリビングスペースがあります。

らべんだあ34

ステートクラスの客室よりも各設備のグレードが上がっています。

リビングスペースにはソファとテーブル、反対側の壁沿いに壁掛け式の液晶テレビ、奥に机と椅子が並びます。
専用テラスに出る引き戸が大きく、ガラス面積も多いため、照明を付けなくても室内が明るいです。

らべんだあ35

専用テラスへ出るガラス戸は外側に取っ手がついていないため、ガラス戸を押しながら引いて開けるイメージ。
右にあるボックスの中には、戸をどうしても開けられなくなってしまったときに助けを求めるための非常呼出ボタンがあります。

らべんだあ36

ステートクラスではシャワールームだったのが、デラックスではバスタブにグレードアップ。
バスタブ横の壁にしっかりと手すりが付いているのが良いです。

らべんだあ38

デラックスクラス以上の客室では、ダイヤル式のセキュリティボックスが備え付けられています。

らべんだあ37


こちらは和室のほう。
畳敷きの部屋で、靴を脱いで過ごせます。

らべんだあ39

床の間風の所に液晶テレビとインターフォン、照明コントロールスイッチ等が備わります。
専用テラスへは、テレビの奥にある扉から。

らべんだあ40