クイーン宗谷

「クイーン宗谷」は、1992年に就航した稚内港~鴛泊港(利尻島)~香深港(礼文島)間を航路とする東日本フェリー株式会社(現・ハートランドフェリー株式会社)のフェリーです。

クイーン宗谷02

客室のレイアウトや設備は、2008年に就航した「サイブリア宗谷」までほとんど変わっておらず、唯一の個室である特別室と1等室(座席指定のラウンジ席、区画指定タイプの和室)、2等和室の3クラスあります。

同社他フェリーでは区画指定タイプの2等和室クラスの大部屋客室が、この会社のフェリーでは1等和室の扱いになっているので、1等和室利用はおすすめできません。

礼文島への入港や出港時には、昔ながらのミーティングが今も続く、歌って踊るユースホステル「桃岩荘」のヘルパーによる出迎えや見送りの踊りが催されるので、外部甲板に出て鑑賞するのをおすすめします。

「クイーン宗谷」は、新造船「サイプリア宗谷」の就航に伴い、2007年に同航路を引退しました。また、東日本フェリー株式会社は、2008年1月にハートランドフェリー株式会社に社名変更されています。

全長95.7m
全幅15m
総トン数3,531t
旅客定員500名
車両積載台数乗用車66台、トラック21台
造船所内海造船瀬戸田工場
クイーン宗谷要目

前の記事

しらはま丸

次の記事

はまゆう