はまゆう、それいゆ(客室>ステート)

※「はまゆう」と「それいゆ」は姉妹船(同型船)であるため、客室や船内設備は同じです。

東京九州フェリー「はまゆう」「それいゆ」の客室は、個室のデラックス、ステートと半個室のツーリストS、相部屋のツーリストAの5クラスあります。ここではステートクラスの客室を紹介します。

ステートクラスは、昔は1等室と呼ばれていた部屋で、4名定員の「和洋室」と2名定員の「ウィズペットルーム」の2種類あります。

室内には、共通してシャワーブース、トイレ、洗面台、液晶テレビ、小型冷蔵庫、ロッカーの設備があり、ガウン、バスタオル、タオル、ボディソープ、シャンプー、コンディショナー、ハンドソープ、使い捨てスリッパ、湯沸かしポット、茶器セット、石鹸、ティッシュ、歯ブラシ、ドライヤーといった備品が用意されています。

和洋室タイプは、ベッド2つと折りたたみ式ベッド(マットレス)2つからなる4名定員の個室。
手前のベッドの途中から先の絨毯敷きの床は、靴を脱いで上がるようになっています。

はまゆう、それいゆ13     
(提供:東京九州フェリー)

ベッドの間のナイトテーブルには、室内照明や館内放送の音量を調整できるコントロールパネルが備わります。
コントロールパネルには、電源コンセント、アラーム付き時計があるほか、同じSHKライングループの「らべんだあ」「あざれあ」になかったUSBコンセントが新たに設置されています。他に船内電話やナイトテーブルの上に枕元を照らせる調光機能付き照明が。

はまゆう、それいゆ14

折りたたみ式ベッド(マットレス)は、起きている間は奥のマットレスをたたんでソファとして使えるようになっています。
ソファの座面は、窓の外が見える適度な高さになっており、そして、船の進行方向に向かって座れるように配置されています。

はまゆう、それいゆ15

「らべんだあ」「あざれあ」ではベッド足下の壁にあった液晶テレビは、奥の壁の隅に斜め方向に取り付けられるように変わっています。この位置のほうが奥のくつろぎスペース、手前のベッドのどちらからも見ることができて良いです。

奥のテーブル周りには、小型冷蔵庫や湯沸かしポット、茶器セット、ティッシュペーパー、ドライヤーが備わります。
冷蔵庫は持ち込んだ飲み物等が冷やせる便利な設備。
「らべんだあ」「あざれあ」では出入口ドア近くのクローゼット下にあった冷蔵庫が「はまゆう」「それいゆ」では窓際のテーブル脇に位置が変わっていて、使い勝手がよくなっています。

ドア近くには、クローゼット、反対側にシャワーブース兼トイレ・洗面台のある水回り部屋があります。
中央にトイレ、両脇に洗面台とシャワーブース。

はまゆう、それいゆ16

シャワーブースとトイレ・洗面台の間は、カーテンで仕切られているフェリーが多い中、「はまゆう」「それいゆ」ではしっかりした扉が付いており、トイレや洗面台が水浸しになることもありません。

はまゆう、それいゆ17

ウィズペットタイプは、近年就航するフェリーで採用されている、ペットと一緒に過ごせる個室。
船内に2部屋あり、ペットがいる都合、他の客室から離れた区画にあります。

洋室で、床が絨毯敷きではなく、汚れても清掃しやすいマット敷きのものとなっているのが特徴。
ペット連れでウィズペットタイプの客室を利用しない場合は、ペットケージ(6,000円~7,200円)に預けることになります。

乗船中、室内で過ごす、わんこ達の息抜き用に船体後部の外部甲板にドックフィールドが設置されています。
利用には案内所での事前予約が必要で、気象条件の悪い場合を除き、年中利用することが可能。

はまゆう、それいゆ18

はまゆう、それいゆ19