きそ(特等客室)

太平洋フェリー「きそ」の客室は、個室のスイート(ロイヤルスイート、セミスイート、スイート)、特等客室(洋室、和室)、1等客室(洋室、和室、和洋室)と大部屋のS寝台室、B寝台室、2等和室の6クラスあります。ここでは特等客室を紹介します。

特等客室は洋室と和室の2タイプ。
室内にはソファーベッド、バス、トイレ、小型冷蔵庫、テレビ、インターホン、ナイトウェア、サンダル、タオル、ヘアードライヤー、洗面用具、ティーセット等の設備・備品があります。

洋室は、
ベッドが1等客室のものと比べて幅広になり、室内の質感も向上、奥にテーブル、窓際にソファベッドが並びます。広めのソファですが、座ると外の景色が見えず、テレビを見るにも角度がいまいちで残念な配置となっています。

きそ30 

出入口側方向の様子。
液晶テレビは壁掛け式で、出入口のドア近く左手に扉付きクローゼット、右側に水回り部屋があります。

きそ31

特等室になると、1等客室にあったシャワーがバスタブにグレードアップ。
ビジネスホテルのユニットバスと同じような造りをしています。

きそ32

最近のフェリーでは、特等客室クラスになると専用テラスが付いている客室が多く見られますが、「きそ」にはありません。